旅するファミリー情報局

そこは貴方の
思い出の地でしょうか
まだ見ぬ地でしょうか・・・・

 
おでかけブログ へようこそ
裏ブログ
こちら

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      


ジュマのブログです
一日一笑日記






お世話になっている
素材屋さん




旅ファミ
リンクフリー
ですが
お知らせくださると
嬉しいです

このHP上
すべての”文章及び画像の
『無断転用(引用)』をお断り致します


QRコード

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ジュマパパ
※ はなこさん

あちこちに暴れ川がありますよね。
母親の里のそばを流れている川もそうだったらしく、子供の頃に集落が流された話を聞いたことがあります。

治水事業は大事ですよね!!

河童の住処が無くなってきたんでしょうけど・・・
投稿者:はなこ
笛吹川は暴れ川だったと、大昔本で読んだことが有りました。
伝説は悲しいですね。
カッパちゃんの仲良し像に癒されます。

http://sky.ap.teacup.com/yuuyakezora/
投稿者:ジュマパパ
※ omaさん

そうだったんですか!
ブドウ園の手伝いってどんなことをするんですか? 収穫時なんかだと楽しいですよね!!

時が過ぎるとものすごく景色が変わることがありますよね。

子供時代を過ごした所を訪れたことがありますが、「ここどこ?」って思ったことがあります。

悲しくもあり!!ですね。

※ くろママさん

歴史は好きでしたね、年号を暗記するのは不得意でしたけど・・・

旅行記本だなんて、それは無理!

※ バラカさん

感謝などと・・・
ただの受け売りなので恐縮です。

旅先で色々と知ることが出来るのは楽しいですね。

http://happy.ap.teacup.com/jumadiary/
投稿者:oma
ジュマパパさんたちと同じ山梨の空気を吸っていたのか…と思うとちょっと感激です(*^_^*)
この石和駅の近くに私の両親の恩師が住んでいまして、小中学校のときにはよくぶどう園の手伝いに行きましたが、最近は石和の方へ行くことがなかったのですが、こんな風に駅前が変わっていたんですね(*^^)

http://sun.ap.teacup.com/omapi-/
投稿者:くろママ
ジュマパパさんへ
ほんわかムードの童話の世界に引き込まれてコメントに参りました。
ジュマさんもパパさんも学生の時は歴史が強かったですか?
実は私は全くダメだったんですよ。
本を読むのもあんまり得意じゃないし・・・。
その代わりにここで勉強させていただきます。よろしくご教授の程<m(__)m>
是非、お二人の旅行記本を出してみては・・・?




http://black.ap.teacup.com/maikuro/
投稿者:バラカ
ジュマパパさん、こんにちは。
今日はこの悲しい伝説で朝からぐっときてしまいました(こちらは6時間遅いので、今朝です)
こういうお話を知って笛吹川を見るのと、知らずに通るのとでは感慨が違いますよね。
土地の歴史や伝説を知るのは、旅の大きな楽しみですね。

自分で行かずにして知れる私はラッキーです。ジュマパパさん&ジュマさんに感謝、感謝!


http://sky.ap.teacup.com/africafe/
投稿者:ジュマパパ
※ tukushiさん

笛吹川という名前と、ちらっと銅像を見た時、私も『笛吹童子なん??』って思ったんですよ。

昔々見たTV番組をね!!

ごめんなさい、権三郎さん!!でした。

※ ゆきさん

こじんまりしてますよね。
いわゆる温泉町を期待していたのですが・・・
それとも違いましたし・・・

お料理は、乞うご期待です!!

※ はるすみさん

「河童の川流れ」とも言いますし、川で泳いでいる子供に悪戯したりなんていう話もありますから、水があるところに住んでいたんでしょうね。

権三郎の伝説、本当の話だとしたら、悲しい話です。

※ kikikomaさん

「ホラ吹川」ですか?
ご近所の衆、毎夜々々困ったことでしょうね!


http://happy.ap.teacup.com/jumadiary/
投稿者:tukushi
こんにちは〜
ここを通るたびに「ヒャラリヒャラリコ ヒャリコヒャラレロ」(とっても小さい頃)って口ずさんでいたのは、違ったって事?
ず〜っと笛吹童子って思っていました
笛も吹いているし紛らわしいですね^_^;
でも悲しい伝説なんですね

http://love.ap.teacup.com/tukushi/
投稿者:ゆき
こんにちは。
石和駅ってこんなにこじんまり・・もっと賑やかかなと思いました。
行かずに行った気分・・いえいえ・・行けずに行った気分・・(悲)
笛吹川伝説悲しい話があるのですね。
今日の私は・・(悲)と(涙)???

次回はお料理かな?〜・・とこれがほんとの私ね。(笑)

http://wind.ap.teacup.com/yukiyuki2/
投稿者:はるすみ
河童って池や沼にいるんじゃなかったしら。川にもいるのかな??
権三郎の悲しい話。実話なんでしょうね。
かなすイ〜

http://purple.ap.teacup.com/nekoneko/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ