旅するファミリー情報局

そこは貴方の
思い出の地でしょうか
まだ見ぬ地でしょうか・・・・

 
おでかけブログ へようこそ
裏ブログ
こちら

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      


ジュマのブログです
一日一笑日記






お世話になっている
素材屋さん




旅ファミ
リンクフリー
ですが
お知らせくださると
嬉しいです

このHP上
すべての”文章及び画像の
『無断転用(引用)』をお断り致します


QRコード

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ジュマパパ
リボン magamikさん

戦争が絶えなかった時期に造られた都市なので、暮らしやすさよりも外的からの守りやすさが最優先だったので、暮らしやすくは無かったのでしょうが、安全は確保できたことでしょう。

見晴らし、風通し、日当たりは問題ないですね、確かに。
それと水害も無いと思います。

スペインの暑い夏も、両側の川も幸いして、結構しのぎやすかったんでしょうね。

今は、岩山ではなくて下のほうに新しい街が出来ています。電車もマドリードまで行ってますよ。通勤してる人もいそうです。

http://happy.ap.teacup.com/jumadiary/
投稿者:magamik
こんばんわ〜
見事な断崖絶壁の家並みですね!
おとぎ話に出てきそうな風景!
この岩盤はよほど硬いのでしょうね〜。
ちょっと怖い気がします。
見晴らし、風通し、日当たりは申し分なしですね。
最後の画像、そんな気になりますよ。

素敵な画像での紹介ありがとうございました。







投稿者:ジュマパパ
リボン kamyさん

昔の日本では間口の幅で税金が決まったそうですが、昔のヨーロッパでは一階部分の面積(だったかな?)で税金を取っていたそうです。二階以上は一階よりもせり出して作れば節税ですよね。
古い家でよく見かけます。

そんなわけで、二階以上を一階よりもせり出して家を作る技術があったわけです。

ここは、通り側を作ってしまったあとで、増築でも考えたのではないかと推察いたします。

別の所で崩れたそうなので、確かに怖いですねぇ。
ベランダでお茶してたらボトッ!なんていうのはごめんです。

http://happy.ap.teacup.com/jumadiary/
投稿者:ジュマパパ
リボン siawasekunさん

お楽しみいただいて、こちらもshiawaseです。

まだまだ当分続きますので、よろしくお願いします。

ポチありがとうございます。

http://happy.ap.teacup.com/jumadiary/
投稿者:kamy 
後ろから、二枚目の写真で、「宙吊りの家」と呼ばれる訳が、分かりました。
この一帯の、岩盤が確りしている事を、良く確認しなければ、とても住んではいられませんね。
何故、はね出させる必要が、有ったんでしょうね。
私は、此処だけは、ただでも嫌ですねえ。


http://kamy.blogzine.jp/please/
投稿者:siawasekun
おはようございます。

「断崖絶壁の"宙吊りの家"「クエンカ」」、・・・・・・。

素敵なショットから、様子、雰囲気、伝わってきました。

居ながらにして、いろいろ眺められ、とても、嬉しかったです。
見せていただき、siawase気分です。

ありがとうございました。
応援ポチ。。

http://blog.goo.ne.jp/siawase12345/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ