2008/2/19

失くした二つのリンゴ  

ある方に教えて頂き、「失くした二つのリンゴ」(←詳細はクリック下さい)という番組を見た。反戦運動家、長谷川テルさんという女性を通して、戦争時代の日本と中国を振り返るドキュメンタリー番組だ(2/11放送のもの)。

この時代に中国人留学生と知り合い、恋に落ちて中国へ渡って行った日本人女性は少なくないのかもしれない。今の時代でさえ国際結婚には難しい点があり、夫婦どちらかが祖国から離れなければ一緒には暮らせない。それがこの戦争の激動の時代だ。祖国から「売国奴」と罵られる苦しみは想像だにつかない。只でさえ、故郷から離れ、家族と離れて暮らしていくだけでも精神的な辛さがあるというのに。

こんなに強い女性もいたのだなぁ、と驚く。胸が痛くなる。今のこの平和、戦争の無い日々がずっと続いてほしいと切に願う。
0



2008/2/20  21:13

投稿者:老板娘

妙子さん
同じ番組をご覧になっていらしたのですね。すごくハードな内容で、目を向けられないような残酷な映像も有りました。昔、私が小学生の頃は、よく戦争についての教育(原爆の写真や、映像、文章などを見る)がされていましたけど、最近ではそういう問題に触れたり、聞いたり見たりする機会が非常に減りました。

私は与謝野晶子の母校を卒業しているのですが、彼女も夫と共に、戦争時代に反戦の詩を書き続けた人です。「ああ、弟よ、君を泣ぐ 君死にたもうことなかれ」 戦争に反対することは、死につながる事、それでも戦争に反対するその心の強さ。一体どこから来るのでしょうね。「反対したら殺される」のだとすれば、私なら従ってしまうと思います。

本当に、こういう人たちがいたのだ、という事を語り継いでいかなければなりませんね。

2008/2/20  21:05

投稿者:老板娘

アモイ人さん
私の夫も、中国へ行く時、友人や家族に買っていくお土産では、「Made in Japan」を必死になって探していますね(笑) 中国の友人たちはよく「デジカメ買ってきて」と頼むのですが、そのデジカメでさえ、ほとんどがMade in Chinaですから(あはは) 靴とか服とか、言うまでもありません。

そうそう、あの心斎橋筋はすっかり変わってしまいましたよね。最近は特にコロコロお店が変わっています。しかも、若者向けのお店が多く、私のような30代以上の客は寄せ付けさえしないようなお店も多く並んでいます。だから私も、今では心斎橋筋に行きたいなぁ、なんて思わなくなりました。

「本当に平和か」という議論は、何を基準にするかで全く答えが異なってくると思うのですが、単純に抗日戦争時代と比べれば、今は平和の時代のはずで・・・。それが崩れていかないように、と願っているのです。

日本にもいい所はたくさんあると思います。うちの中国人講師たちから、日本のいい所、日本人のいい所を、反対に教えてもらったりします。中国の人には、日本のいい点も悪い点も見てもらいたい、そしてその人に「日本は・・・・だ」とその人なりの思いを持ってもらえたらいいのでは、と思います。

2008/2/20  12:37

投稿者:妙子

私もその番組を見ましたよ。溢れる涙々にむせかえりながら、見終えました。
遺児である暁嵐さんの母に出逢うための旅は、最後に「しばらく・・ここにいさせて・・」と言う彼女のせつない姿を、カメラに収めていましたね。二つの祖国を持つ彼女が、自分が誰よりもいちばん母の気持ちが分る様に思う、と語っていましたね。生後10カ月で亡くした母の記憶がなく、母がどのように生た人なのか、その姿を求めて旅した彼女は、しっかりと母ー長谷川テルさんに繋がったことが、よく分りました。
そして、早くから世界の人々の平等・平和を願って、互いにエスペラント語を学んでた長谷川テルと劉仁夫妻の信念は、どんな社会状況にあろうとも変わらなかったことに胸を衝かれました。こういう人たちがいたことを、忘れずにいたいと思いました。
番組を録画したDVD,VHSテープがありますので、ご一報くださればお貸しします。
それと、これは友人から貸してもらった「長谷川テル」の本(せせらぎ出版)も、回せます。

2008/2/19  17:47

投稿者:アモイ人

久米さん!こんにちは!
会社の用事を処理しながら中国の人に頼まれた買い物しているんですが「日本製」を探すのに苦労しています 衣類 デジカメ等「日本製を買ってきて!」と言われたんですがほとんど中国製なんですね!買い物していてもくじ引きしているみたいで商品の表示を見て日本製を見ると「当り!おめでとう!」みたいな感じ???
心斎橋の商店街を本町からなんばまで歩きました すっかり変わってしまって昔あった店はほとんどありません パチンコ ドラックストアー等に変わっています 今の日本はどうなっているんでしょうか?
日本は本当に平和なんでしょうか?私はよく中国のわか日本に留学に行きたいんですと相談を受けます 今の私の本音は心から日本に行って勉強してくださいとは なんか言えないです・・・明日も日本製品探しは続く。。。 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ