2007/12/13

北京からのお客様  

今日は北京の「中国家庭寄宿網」(←クリック)の薛偉さんが教室まで来て下さった。以前から中国へのホームステイプログラムには非常に興味があって、1年以上前に何度か薛偉さんと連絡を取ったことがあった。

私は、もし機会を持てるなら、生徒さんたちに是非ホームステイを体験してもらいたいと思っている。何故かというと、私自身が蘇州の一般家庭の中で生活した経験があり、”目からウロコ”的な体験をたくさんしてきたからだ。それによって、中国や中国人に対する理解が非常に深まり、その結果中国人の言動も素直に受け入れられるようになると思うからだ。そして、もちろん中国人との中国語でのやり取りも、相手を理解することによって更にスムーズにできるようになるはずだと思う。

私が教室を開いた心、私が本を出版した心、それは一つ。中国語を学んでいる人たちに「中国語は語学力があるだけじゃダメだよ。その奥にある色んなものを知ってほしい、理解してほしい。」ということを伝える為だ。

今日お会いした薛偉さんは非常に日本人や日本社会を理解し、とても信頼できる方だと思った。是非、興味のある生徒さんたちに紹介したいと思う。
0



2007/12/14  21:22

投稿者:老板娘

アモイ人さん
欧米諸国ではホームステイという文化が広く根付いているのに対し、アジア諸国ではまだなかなか実現しにくいのが現状です。これは、アジア人特有の”内”と”外”(日本人的な言い方で)をはっきり区別する習慣があるからだと思います。外の人をそう簡単には内に入れられないのです。

言葉は言霊(ことだま)、ですよね。中国人の言霊を理解するには、やっぱり彼らの生活から学んでいかなければならないと思います。普通は、会社などで付き合う程度でしかお互いに理解できませんが、ホームステイは本当に人間の基本的生活習慣のところから相互理解を深める部分が大きいです。その分、普通の留学と違って感動も大きいはずですよね。

2007/12/14  0:45

投稿者:アモイ人

こんばんは!久米さん!
中国へのホームステイすばらしいことだと思います!人間の基本である衣食住を現地で他国の人と体験することは勉強だけじゃなく人生においてのすばらしい体験になると思います どこの国でも危険なところはあります 危険を回避してホームステイ!すばらしい!私も一人でも多くの日本人の人が自分の目で見て体験することをお勧めします!私も協力できれば本当に協力させていただきたいですね!中国人の人も本当に日本の生活を体験したい人は多くいます!しかし現実は難しいことが多いのです まだ日本人は極端に言えばお金があれば現実するのですから 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ