2007/6/27

不幸中的大幸  

「不幸中の幸い」というのを中国語で「不幸中的大幸」と言う。

今日市役所の建築開発指導課というところから電話があり、呼び出されて出向いた。父にも一緒に行ってもらって良かった。行ってみると、市役所の担当者が4人も前に座り、説明を始めた。途中から施工業者も含めて話になり、約3時間の話になった。

ああ〜、疲れた。結局、建築申請内容(建築許可された内容)と、今建築されている建物がまったく違うということが分かり・・・。もし、このまま私がその建物の中に入って(教室を移転して)しまうと、私自身が違法建築物の中で教室を経営していることになるところだった。

これからまた建物を変更しなければならず、何ヶ月かかるか・・・。それでも、ちゃんと合法的な建物の中で教室をやりたい。当然の思いだ。今月移転できなくても、今日、そういうことが分かって(移転前に分かって)良かった。不幸中の幸いだったと思う。
0



2007/6/29  11:33

投稿者:老板娘

妙子さま
いやぁ〜、本当に、テレビでは「違法建築」って見ていましたけど、それが実際自分の身の上に降りかかるとは・・・。建物自体はしっかり建てて下さっているんですけど、認可を受けた内容と違った内容で建てているのでは、どんなにいい家ができても違法は違法ですからね。本当に困ります。単なる住居ではなくて、教室としてこの土曜日から使用する予定で動いていましたので、それらのキャンセル、変更のすべての手続きでバタバタしています。

2007/6/28  17:59

投稿者:妙子

まあ!そんなことがあるなんて・・・ね。信じられないけど事実なんですね。
でもこれからは大丈夫でしょうから、ホントに事前に分って事なきを得ましたね。よかったよかった。
3時間のやりとり、本当にお疲れ様でした。 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ