2007/6/11

もうすぐ誕生日  

中国で誕生日を祝う時は、長寿を祈って麺を食べるのが一般的だ。ケーキも食べるが、最近ここ数年のことで、若者がケーキを買うくらいで、年齢の高い人なんかは特に麺類を食べる。

日本人が「麺」と聞くと、ラーメンなどのスープ麺を想像するのが一般的だが、中国の一般家庭で作る麺は、炒面(炒めた麺、要は中華風やきそば)とか、拌面(具と混ぜて食べる麺)が多いと思う。

実はもうすぐ夫の誕生日だ。やっぱり中国人だから麺を食べたいだろう。あ、いや、でも日本のケーキは(中国のと比べ物にならないくらい)おいしいから、ケーキも準備していいな。とにかく、麺、麺、何の麺を作ろうか?

蘇州にいた時は、よく夫のお父さんが”誕生日麺”を作ってくれた。炒面が多かったが、本当にすっごくおいしかったのを覚えている。私が作れる麺料理といえば、スパゲティーくらいだ。ああ、今年の麺はどんな麺にしよう???
0



2007/6/14  9:24

投稿者:老板娘

妙子さま
そうですね、去年は結局シャツを買って、こてんぱんに文句を言われたので(笑)、今年はプレゼント無し!(あはは・・・) シンプルにケーキと麺だけにしようと思います。

2007/6/12  7:20

投稿者:妙子

お誕生日といえば、昨年はプレゼントで悩んでいらっしゃいましたよね。高価なものを好まなれない上に、高価さの感覚レベルがちがってるから旦那様に、あなたと息子さんが選んだシャツが気に入ってもらえるだろうかって。 
今年は何にされるのかな?
でも炒麺がお祝いのメーン料理ならシンプルそうだけど、いくらでも豪華に演出できるのでいいなあ・・と思います。でも毎年のことだから
難しい麺?がありますけね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ