2007/5/14

蘇州の高級料理  

クリックすると元のサイズで表示します実物をお見せできなくて申し訳ない!(もう食べてしまったので)箱だけなのだが、これは蘇州近辺に昔から伝わる高級料理だ。お土産に頂いたものだが、お土産用は真空パックになって、こうして箱詰めされて売られている。

本当にその昔は高級料理ではなかった。この料理は「呼化鶏(jiao4 hua4 ji1)」と呼ばれる鶏料理。「呼化」とは昔の中国語で「乞食」という意味。明朝末期、ある乞食が鶏を一羽捕まえたところ、どうにかして調理したいと考え抜いたあげく、内臓だけは取り除き、毛を抜かないまま、そのまま上から泥をぬりたくり、そして枯葉を燃やした中に入れてあぶってみた(ちょうど焼き芋状態)。泥が乾いた頃に取り出し、泥を取り去ると毛も一緒に抜け落ちた。そうすると、その香りの良かったこと!食べてみたその味のおいしかったこと!

今ではもちろん、味付けされ、あぶり方も改良されて調理されるわけだが、この料理の名前はこうして付けられたそうだ。


0



2007/5/20  20:39

投稿者:老板娘

ぷちあさこさん
そうなんですぅ〜、日本酒に合いますねぇ〜(^^)
(もちろん中国の紹興酒なんかには一番合うと思います!)

2007/5/20  17:29

投稿者:ぷちあさこ

へー、何だかお酒に合いそうな珍味??

http://www.geocities.jp/p_asako/

2007/5/15  14:54

投稿者:老板娘

jiaojiaoさん
本を読んで下さってありがとうございます。また率直なご感想をお聞かせ頂ければ嬉しく思います。

この「呼化鶏」という料理も、今ではレストランで出すところはほとんどありません。日本でいう「燻製(くんせい)」に似たような感じもしますね。独特の香りがあるので、それが苦手な人もいるかもしれません。

2007/5/14  23:32

投稿者:jiaojiao

本がやっと届いて今読み始めています。
蘇州は鶏肉が美味しい、と書いて有りましたよね。
私、肉の中で一番鶏肉が好きなんですよ。
今度蘇州に行ったら、これ捜してみよう。

http://jiaojiao.exblog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ