2006/12/29

カーテン  

カーテンはもともと何の目的で作られているのか?部屋の装飾の為?外から見えないようにする為?夏なら陽光の断熱の為?

日本では、外から見えないようにする為に使われる、この目的が一番大きいのではないかと思う。中国は違う。中国の一般家庭では、「外から見えないようにする為」と思ってカーテンをつけている家庭はほとんどないと思う。中国の家は、外から中が丸見えになっている。カーテンがあっても、家の中を外から見えなくする為にカーテンをひくことはしない。

では、中国ではどんな時にカーテンをひくか?大抵は夏、陽光を遮断する為にひいたり、昼寝をするのに部屋を暗くする為などにひく。普段カーテンは開けっ放しで、どこの家も中が丸見えだ。特に湿度が高い地方などは(蘇州でもそうだし、広東省などに行ってもそうだが)、窓まで開けっぱなしにする。蘇州では冬でも開けっぱなしだ。それは、湿度が高いのでいつでも換気しておかなければ健康にも悪いし、カビも生えやすいからだ。

私は中国での生活習慣がなじみ、今でも家でカーテンを開けているのが好きだ。冬でも部屋のカーテンも窓も開けっぱなしにするのが好きだ。皆さんの家ではどうだろうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ