2016/2/29

愛着障がいと言われて2  子育て

本当に、私の育て方が原因で、長男にこのような問題が発生したとすれば、それは「愛着障がい」だという事になる。では、愛着障がいは、どのような状況下で起こりうるのか。ネットで調べると載っている。

・親に捨てられた、もしくは放任
・親との死別、もしくは別居
・親からの虐待、もしくは拒否(無視)
・親の離婚やけんかを目の当たりにしていた
・親が自暴自棄、もしくは自殺未遂などを経験
・再婚などにより親の愛情が他の存在に奪われた
・親が自分よりも他の兄弟を可愛がった
・親の期待や都合ばかり押し付けられた

など。この中で当てはまるとすれば、親の喧嘩(私と夫の喧嘩)かなぁ〜(笑) でも、喧嘩も毎日するわけではないし(夫は平日は、家にいないし)。ここまでの精神的負担を、私が長男に与えていたのか?もし長男が「愛着障がい」なら、下の二人の息子たちも愛着障がいになってしかるべきではないか?

私がここまでひどい事を息子たちに、特に長男にしてきていた、というのか? 

小学3年生の時、塾に3ヶ月だけ通った時、塾の担任からも言われた。

「この子は、怒られ慣れています。もっと誉めて育ててあげて下さい。」

この「怒られ慣れている」という表現は、少なからずも当たっていた。ADHDのお子さんを持つ親ならお分かりだろう。もし、私が早く気づき、長男がADHDだとわかっていたら、叱って育てる事はしなかったと思う。でも、普通の子だと思って育てていたから、だから、通常の人間ならできる、単なる人間として当たり前の生活習慣さえちゃんとできない、いくら言ってもやらない長男に、毎日毎日、「歯磨きしなさい!」「ご飯食べなさい!」「宿題しなさい!」「お風呂入りなさい!」と、普通に普通に生活させようと言い続けてきたのだ。

今はもう、彼のやりたいようにさせてあげているけれど。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ