2016/2/20

そして教育委員会へ3  子育て

まず、今年度起こった問題を、最初から話していった。

5月、偏食(発達障がいの症状)で食べられないイカが、給食に出て、そのイカを食べろと強要されたが、食べなかった長男は、運動会組立体操の練習に出してもらえなかった。

2学期、学級委員に選ばれた時、
@担任教諭から電話で、「一人しか立候補しなかったので、仕方無く学級委員になりました。学級委員として、ふさわしくない言動が息子さんには多いので、注意させてもらいました。」と言われた。
Aクラス内で、信任投票で当選した際、担任教諭がクラス全員に向かって、「本当に、自分たちクラスの代表がこの子でいいの?もう一度、ちゃんと考え直しなさい。」と言い、信任投票を再度やり直そうとしたところ、子供達が反発。そして学級委員になった・・・(という経緯を、後から友人のお母さんから聞いた)。

修学旅行で、ちゃんと列になって歩かなかったり、集合時間に遅れてきた為に、学級委員を辞めさせられ、修学旅行中から1週間、学級委員を辞めさせられた。保護者への報告も無し。

メガネ事件(友達の眼鏡を割った)で、校長が当事者(息子と相手の男の子)だけに聞き取りを行い、公平な事情聞き取りがされていなかった。6年生だが、表現力はまだ6歳というテスト結果が出ている長男、それが分かっていて、不利な状況で聞き取りされ、すべて長男だけが悪いとされた。もともと5,000円の眼鏡(眼鏡屋に確認済み)を、18,000円で不当に弁償させられた。

カッターナイフ事件(長男が、友達の卓上にあったカッターナイフを突然振り回し始めた、という担任教諭の説明)でも、公平な事情聞き取りがされていなかった。本当は、長男にカッターを渡し、「あいつらを脅かしてやれ!」とたきつけた男の子がいたのに、長男が一人でやった、とされた。

授業妨害をした、と4時間目に机ごと廊下に出されたが(それはまぁいいとしても)、その後、給食当番をちゃんとやらなかった(長男はふてくされてやらなかった)として、罰として、給食を与えられなかった。

などなど。今まであった事を順に話していった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ