2016/2/19

そして教育委員会へ2  子育て

まず、私が思いついた人は、私の恩師。私も和泉市で小中卒業しているので、恩師は何人かいる。私は中学時代、ブラスバンド部に所属、中二の夏から部長になり、中三では部員82名になるという大きなクラブで、夏まで部長を務め、地区大会では金賞受賞した。その時3年間お世話になった顧問の先生が、女性のO先生。O先生のご主人も当時中学教諭で、私の母と同僚だった(私の母は、和泉市の中学教諭を二十数年務めた)。つまり、O先生ご夫婦は、私の事は、私の家族を含め、よく知って下さっているという事。

そのご主人の方のO先生が、現在和泉市の教育委員会で勤務されていて、O先生にお電話すると、すぐ翌日会って下さる事になった。前日は、どう話しをしようかと、色々考え、なかなか眠れず、夜中起きて、何をどう話すか、1時間ほどメモをしていた。

当日、行って見ると、担当者の方も同席して話しを聞いて下さった。今まで起きてきた問題が、すべて、校長容認の下に問題処理されてきただけに、一体和泉市の教育委員会は、どういった方針が有るのか、その点も分からなかった。そこから、注意して話し始めなければ・・・と考えていた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ