2016/1/28

言いたくない人たち  独り言

私も、このブログで子供が発達障がい(最近では、「障害」ではなく、「障がい」と書く方がいいようだ)である事を最近述べたばかり。カミングアウトしたのには、やはり、誰か情報共有できる人がいるのではないか、と考えたからで、それをまず、自分から発信してみたい、と思ったから。

世の中には、私と同じように子供が何らかの障がい(重い軽いは有るとしても)を持つ親がたくさんいるはず。そういう人たちと、何か共通の話しはできないか、と思ってみるのだけれど、驚いた事に・・・というか、私が現実社会を理解していなかっただけなのだけれど、人々は、誰かと悩みを共有して、お互いによりよい生活を送れるように助け合いたい、とは思っていないようだ。

恐らく、「助け合う」という言葉の中には、「相手を助ける」という事ももちろん半分含んでいるので、自分の事でも精一杯なのに、相手まで助けるなんてできない、という思いもあるのかもしれない。

私の恩師曰くは、人はプライベートな事を人には話したくないものだ、という事らしい。私はオープン過ぎるのだろうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ