2015/2/19

学校での中国語レッスン  教室

今日は、息子が通う小学校で、5年生の各クラスで中国についてと、中国語練習の授業をさせてもらってきた。

おもしろかった〜♪まず、中国に対する印象を子どもたちに聞くと、

1.国土が広い
2.人口が多い
3.すごい買い物する、金持ち
4.中華料理
  (餃子、小籠包、チャーハンなど)
5.キョンシー、ジャッキー・チェン
6.万里の長城
7.一人っ子政策
  →なんで一人っ子政策するの?という質問も・・・
8.尖閣諸島
  →なんで珊瑚取りに来るの?という質問も・・・
9.大気汚染
10.パンダ

などなど、色んなコメントがどんどん出てきておもしろかった。キョンシーなどの単語が出てくるのは、ちょっと意外だった。そして、尖閣諸島の質問があった時、私はこう答えた。

今日、持って行っていた中国の地図、実は10年くらい前に購入したもの。その地図には、尖閣諸島の領有国の明記はされておらず、どの国に属すとも書かれていない。つまり・・・私が子どもたちに話したのは、

「もし、ここにアップルパイがあって、仲の良い友達がいたら、それを二つに割って食べるでしょ?でも、喧嘩している友達がいたら、”おまえになんかやらない!”と言って、きっと一人で食べてしまおうとするよね?喧嘩している友達に、大好きなパイを分けてあげよう、という気持ちはおこらないよね。それと同じ。だから、喧嘩はしてはいけない。今、日本と中国は、そういう喧嘩している状態に似ているから、本当はもっと仲良くしなければならない。」

・・・と。本当にそう思うから。

後は、女の子たちにチャイナドレスを着てもらって・・・と思っていたら、なんとなんと!男の子たちもチャイナドレスを着たいと言いだし、結構たくさんの男の子がチャイナドレスを着てくれた。これもすごく意外だった(笑)

そして、最後に、クラス全員の子ども達に、手作り名札をプレゼント。名前を中国語漢字で書き、その上にピンインを書いて、首から吊り下げられるように作ったもの。これは、事務の方お二人にすごく大変なところ、一生懸命作って頂いたもの。それを、一人一人に配りながら、中国語発音で子どもたちの名前を読み上げていった。みんなで一緒に大きな声で、一人一人の名前の発音練習、すっごく楽しんでくれた。いや、これは本当に楽しいと思う。自分の名前が、中国語読みすると、こんな発音になるなんて・・・!

授業が終わった後も、どのクラスでも数人の子が、自分の名前の発音を確認しに来てくれて、それだけでも成功だったかなぁ〜と思う。

少しでも、中国という国に対して好印象を持ってもらえて、そして中国や中国語に対して興味を持ってもらえたら嬉しいと思う。とりあえず、今日楽しく授業ができたのも、事務の方の支えがあってのこと、とても感謝している。感謝、感謝!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ