2013/10/16

楽しい絵  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
次男は絵を描くのが好きで、思いついたらそこで、さらさらと描き上げる。この絵も、5分くらいで描き上げた。

野球、サッカー、にんじゃ、お笑い芸人

・・・だそうだ。忍者もそれらしく、お笑い芸人も真ん中にちゃんとマイクが立っている。こういう観察力がすごいな・・・と、我が子ながら思い、絵を見ながら笑ってしまう。
0



2013/10/20  14:09

投稿者:老板娘

妙子さま
次男は集中力と観察力に長けていると、我が子ながら思うのです。絵を描き始めると、何でも一気に描きますし、他の事には目もくれずに没頭していますね。

絵が好きで絵画クラスにも通わせています。この集中力を養ってあげたいと思ったからです。本人も気に入って通い、1時間以上有りますが、迎えに行くと、いつもまだ熱心に何かを描いています。この年で、これだけ何かに集中できるという事がいいですね。

2歳から5歳まで・・・。確かに本当に大切だと思います。この年にどうやって育ったか、育てられたか・・・で、人格が形成されていくように感じられます。

2013/10/16  16:01

投稿者:妙子

この絵を見ていると、それぞれに物語がありそうで・・、もっともっと聞いてみたいです。
一気に描き上げるほど、気持ちが集中してるのですよね。
描きたいことがあるって、とっても素晴らしいことだと思います。
今心に在ることをコトバでなく絵で表現なさってるのですから、しっかり見せてもらいたいですね。

小宮山さんによれば、そもそも子どもこそは人類の原型として生まれ出るもの。ロシアの児童文学の始祖といわれてるチュコフスキイの「2歳から5歳まで」という本には、子どもが素晴らしい能力をそなえてることが書いてあるそうです。
ーー凡そ「2歳から5歳まで」の間に、1民族の言語をあらまし身につけてしまう。どんな大人も及ばない詩人のようなコトバで語り、歌い、考えることができるーーと。
子どもたちを大切にして、大人はそこから学びたいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ