2013/2/25

生涯学習  独り言

生涯学習とよく言われる。日本人は非常に「好学(hao4 xue2):学ぶ事が好き」な国民だと思う。ただ、欧米と違い、日本での「生涯学習」はどうも、中高齢者を中心にした学習活動を意味するような印象が有る。

中国では、ここ10年くらいで、いわゆるスクーリングというものが流行ってきた。高学歴社会になってきた事、競争が激しい事。就職後も、更なるステップアップ(高収入高い地位を求める)の為、様々な技能を磨くとか、知識を高める必要性が高まってきた事・・・など。

今では中国の若者も、スクーリングへ通うようになってきた。

中国の中高年の方向けの学習環境はどうかというと、それも有る。若者と違い、やはり低い学習費用で、サークルのように通えるところだ。本当にサークル的に楽しむだけのものなので、非常に安いが、それでも通える人はそんなにいない。中国の中高年の方は、日本とは異なり、かなり忙しいからだ。

両親の介護が有るか、もしくは孫の世話が有るか。大抵がそのどちらかで苦労されている。特に、日本と違うのは、中国の若者は子育てを親があまりしない。大抵は祖父母たちが子育て、時には家事まで行う。祖父母が不在等で手伝えない場合には、人を雇って子育てしてもらうといった環境が一般的。

そういう意味で、日本は欧米に比べると、生涯学習の環境はまだ足りない感じもするけれど、中国はもっと大変。夫の両親、特に義母は、絵画を習いたいらしいが、まったくそんな時間は取れない。本当に大変だ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ