2012/12/16

終わった・・・  趣味

クリックすると元のサイズで表示します今日は選挙、でも私はフラメンコ発表会。もちろん事前投票には行っておいた。

ああ・・・やっと終わった、一年の集大成、フラメンコ発表会。初めての発表会だった。

総勢60〜70名の大きな発表会。濱田立華フラメンコスクールの生徒さんたちばかりで、立華先生が近畿地方のあちこちに拠点を作られ、それぞれのスクールの生徒さんたちが一同に集まる発表会なのだ。

でも、今年はその立華先生が亡くなられ、そのあとを継いで今は、向先生がすべてを取り仕切り、今年の発表会も開催された。

私が踊ったのは「ソレア」という曲。人生や恋に対する苦しみや葛藤を表現した歌で、その中に女性の強さと希望を表現されている。先生のその振り付けは芸術で、素晴らしい振り付けをして頂いたので、少しでも先生の思いを生徒の私たちが表現できる事が何よりも先生に対する恩返し・・・と思い、心を込めて踊った。

忙しい中遠路見に来てくれた家族、親戚、友人たちに感謝!


0



2012/12/19  9:16

投稿者:老板娘

妙子さま
ありがとうございます。
フラメンコは、私もやればやる程奥が深いと思い、最近では例え10年練習を積んだとしても、私は初心者のままなのではないか、と思っています。私がそう言うと、先生も「私こそがそうですよ。」とおっしゃるのです。

フラメンコは、まず身体を作るところからしなければなりません。身体のやわらかさ、骨のやわらかさ、筋肉など、いろんなバランスが求められます。左右対象である事、そして呼吸法。その身体が作られた上での形(踊り)になってきます。

踊りの中には、もちろん基礎ができた上での技術、知識、音楽性、リズム感が求められ、最終的に表現力・・・となってきます。

それらすべてを身につけられてきた先生方は、本当に素晴らしいです。ミュージシャンたちはプロの方達で、本当に迫力があったと思います。私たち生徒は、先生方の力をお借りし、すべてお膳立てして頂いた中で、可能な限りに身体を動かしていたにすぎません。

10年後でも初心者・・・20年後には、少しでもフラメンコが理解できて、自分で少しでも踊れるようになっていれば・・・と思うのです。

2012/12/18  19:05

投稿者:妙子

素敵なフラメンコ発表会でしたね。
踊りには、その方の個性が出ます。
あなたの舞台は、じっと見つめていましたよ。
手の動きがきれいで、まだ1年だとはとても思えませんでした。
一緒に行ったスペイン女性は、さすがにじっと見入っておられました。
場内が暑かったので、扇子を使いながらね。

先生方は、みんなに混じって踊っておられてもすぐに分かりました。
身体の線が違いますね。腰が安定していて、胸を張って、表情が豊かでしたからね。
才能だけではなく、踊ってきた時間の違いが出るのでしょうね。
又、踊りをリードするカンテ、ギター演奏、カホンのリズムが、とても良かったです!まだ私の耳に残っていますよ。
日本人は感情表現が苦手ですが、フラメンコにはそれが必須ですね。
又いつか拝見できるのを楽しみにしています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ