2012/10/16

初心をどうしたら忘れないか?  独り言

先日、関東地方へ就職した以前の講師と会い、彼女から聞かれた。

「どうやったら”初心”を忘れないんですか?
 老板娘は、今でも”初心”を忘れていませんか?」

彼女はまだ入社したばかりで、販売の仕事、毎日同じ事の繰り返し。最初の頃の感動や新鮮さというのが薄らいできているのだろう。

でも、実は毎日は同じ事の繰り返しのようで、そうではない。いつも、新しい事の発見ばかりなのだけれど。それに気付かないのは損かも。

とりあえず、彼女に答えたのは、「忘れない努力が必要」という事。忘れない為には、どうしたらよいか?自分でいつも考え、そしてそれを実行する事。

不満があれば、それをどうやって解決するか、解決策を考え実行する。自分の未熟な部分を発見したら、喜んで進んで学ぼうとする。嬉しい事があれば、それを進んで広げていく。

私にとっての”初心”は、私自身の存在意義でもあるように思う。それは、忘れるはずもなく・・・。正直、彼女の「どうやったら”初心”を忘れないか?」という質問は、私にとってはとても意外で、私はいつも”初心”の中で働いているように思う。
0



2012/10/17  23:53

投稿者:老板娘

妙子さま
こんばんは。ご無沙汰しています。
きっとお忙しい日々をお送りの事でしょうね。秋ですから、色んな活動が有ります。お体の調子は如何でしょうか?

>初心というのは、何故このことに関心を持ったのか?どうしてこれをやりたいと思ったのか?そういうことではないでしょうか?

その通りですよね。それにしても、ランドセルやそろばんの臭いを今も覚えていらっしゃる、というのは本当にすごいですね。

私も昔飼っていた犬を抱っこした時の感覚、毛をなでた時、咬み合いっこして遊んだ時(軽く咬みます)、咬んだ感覚とか、ずっと残っていますね。

発展していく事は大切ですが、根を失った木が育たないのと同じで、初心を忘れたら、人でも会社でも、存在意義そのものを見失うのと同じように思います。

2012/10/17  8:15

投稿者:妙子

お久し振りです。このところちょっと忙しくて、ご無沙汰してしまいました。

初心というのは、何故このことに関心を持ったのか?どうしてこれをやりたいと思ったのか?そういうことではないでしょうか?
何事にも始めるときのきっかけがありますね。
なんとなく〜というのも、縁があってのことですしね。
これから先のことで迷いが生じたり、困ったときにはその時点に立ち戻って考えてみるということが、初心に戻るということですね。

私は小学校入学のときに買ってもらったランドセルやソロバンの匂いを今も覚えています。
目を閉じれば思い出します。嬉しかったなあ・・・という気持ちを思い出します。
そういうことも初心に近いかもしれません。

誰も知らない、自分だけが知ってる心を見つめてみることは、自分との約束に気付かされるいい機会にもなります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ