2012/8/29

今年の目標の話  教室

今年の目標・・・。目標に向かって頑張る人がいる。私は・・・実は、「目標」と心の中に置いていても、それに向かって努力するっていうのとは少し違う。

私にとっての「目標」っていうのは、すべての事につながるけれど、私一人でしている事ではないと思う。例えば、何か達成できたとしても、それは100%自分の力だけではなくて、実は、自分の力なんて、10%しかないのかもしれない。

でも、結果としてそれが達成できたのだとすれば、それは、周囲の人が後の90%、力を貸してくれたっていう事なんだと思う。

じゃ、それはやっぱり感謝したい。その人たちみんなに感謝したい。でも、そういう感謝ってどう表現したらいいんだろう? 

私はいつも周囲の人に助けられている。感謝して、お礼したい、恩返ししたいと思っても、そのすべてに返すことは到底できない。

世の中そうしてまわっている。私の周りでも、社会が移り変わるように、色んな事が起こっては過ぎ去っていき、そしてめぐりめぐって変わっていく。私はそれについていくだけ。

とりあえず、私は真摯な気持ちでいるだけだと思う。感謝や恩返しも、気持ちがあれば、少しでも形に表す努力ができると思う。
3



2012/9/5  16:35

投稿者:老板娘

まみおさま
初めまして。
鬱という状態にいらっしゃるとの事、ご本人、周囲の方、皆さんが本当に色々苦しい事に立ち向かわなければならないのでしょうね。でも、まみおさまの投稿文を拝読し、こんな素直な気持ちでいらっしゃるからには、きっと良くなられるだろうと信じています。

この現代社会の中では、やさしい人、純粋な人、清らかな人ほど傷つきやすく、影響を受けやすいように感じられます。でも、まみおさまの周囲には、そんな優しい方達が見守って下さっている、それは本当に素晴らしい事ですね。

私は、生まれてきただけでも「感謝」だと思います。望んで産んでくれた母に感謝、育ててくれた母に感謝、しつけてくれた父に感謝、愛おしんでくれた兄弟に感謝、共に歩んでくれた友人たちに感謝。生きている事自体が、生かされている事。一人で生きてきた人など誰もいない、だから、今自分がそこに存在しているだけで、それはもう、すべてのものに感謝感謝の気持ちでいっぱいになるものだと思います。いつも、そんな心を忘れないようにいたいと思っています。

2012/9/5  14:26

投稿者:まみお

はじめまして。まみおと言います。
たまたま、感謝について検索して辿り着きました。
私はアラフォーで現在旦那と離婚前提で別居をし、鬱療養中です。
自分を見つめ直す中、鬱の私を支えてくれた旦那への感謝、労い、努力の足りなさを反省しました。もう夫婦として修復は不可能ですが、もっと上手に
言葉や態度で伝えられなかった事を後悔しています。時既に遅しですが。
でも、離婚したら別のパートナーと幸せになって欲しい。心から願っています。私は再婚は病気が完治しない限り、治ったとしてもわかりません。
でも、鬱が苦しくても、この病気によって家族、友人、支えてくれている人への感謝をしなくては…と思いました。家族にどれだけ、心配や迷惑をかけたか、相手側の気持ちも考える事の意味を改めて考え、今後は鬱とはいえ自分の気持ちばかりにならない様に、ありがとうと言える自分になりたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ