2012/5/11

命をかけて築いたもの  趣味

今日、私が通うフラメンコ教室の経営者の方の訃報を聞いた。あまりの突然な知らせに、思わず全員が絶句していた。だって、つい2ヶ月前にも、不在の先生の代わりにレッスンして下さったばかりだったのに・・・。

この教室は、毎年2回、大きな発表会があり、1つの教室単独で、あそこまで大きな発表会をされている所は無いと思う。素晴らしい講師の方も3,4名いらっしゃり、トップの先生はそれこそ、その経営者の方と20年以上一緒にされてきたという。

とても良心的な教室で、先生方も皆さん素晴らしくて、生徒さんたちもみんなとても仲がよい。多くの生徒さんたちを抱え、フラメンコという特殊な世界(万人が必要とするものではない分野)で、こうして私たちの夢を育んで下さった。

私はその経営者の方とは、1度か2度しか面識が無かったのだけれど、今更ながらにその方の偉大さが感じられる。これだけ多くの生徒さんたち、また有能な講師の方達の夢を、一手に抱えて実現して来られた。その力量と熱意、人並みではとてもできない事だ。

そして黙って逝かれてしまった。誰もが途方に暮れてしまう。でも、今日生徒の皆さんから出てきた声は、講師の先生を心配する声、まずそれが一つ。そして、もう一つは、その経営者の方の夢をここで途切れさせることなく、私たちはできる限りこの形を残していきたい、という事だった。

私のような小さな小さな教室を運営させるだけでも、こんなに大変だというのに、あんなに大きな教室をお一人で経営されてきたなんて、どれ程のご苦労があったかと思う。また、これだけ多くの生徒さんたちを、フラメンコを通してこんなに幸せにして下さった、楽しませて下さった、その偉業は誰もが忘れられないに違いない。

今はただ、ご冥福をお祈り致します。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ