2011/10/28

食育@「怖いクリーム」  子育て

欧米諸国では「ジャンクフード(Junk food)」と言う。直訳すれば、「ガラクタ食物」。中国語では「垃圾食品(lājī shípǐn)」と言う。直訳すれば、「ゴミ食品」。

私も以前まではあまりに無関心すぎた。スーパーに売っている物は何でも安全と思い、何も考えず買って子供にも食べさてていた。

今年の夏くらいから私はすごく食べ物に気を使うようになってきた。お菓子は買わなくなった(といっても、頂いたりするので、まったく食べなくなる事は無いのだけれど)。

その中でも怖いと思った食べ物は、スーパーで売っているケーキのクリーム。一度、常温に置いていたら、2,3時間後にクリームが溶けてしまった事があった。その溶けたクリームを見て、正直恐怖を感じた。その溶けたクリームは、クリームではなかった!!! 単なる白いドロッとした石油のかたまりのようなものだった・・・。それ以来、スーパーでケーキは絶対に買わないようにしている。

食品メーカーは、改良に改良を重ねておいしい物、新製品を造り出してきたのかもしれないが、実はそれは改悪に改悪を重ねていっているだけなのかも・・・と思う今日この頃。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ