2011/4/26

石ころがダイヤ  子育て

次男が先日、

「ママ〜、みてぇ〜!」

と言って持ってきたもの。紫色で少し透明がかったゴムの切れ端のようなもの。でもとってもきれいなの。

「うわぁ〜!きれいねぇ〜!」

と言うと、満足そうにぎゅっと握りしめ、

「これ、○○ちゃんの

と言って大事にしまっていた。

長男は今小学2年生。もう2年生になっても、次男と同じように石が好きで、何てことない単なる石をどこかから拾ってきては、お風呂場に置いている。

「これ、捨てたらあかんで。」

と言うので、もう結構たまってきている。それらの石を次男がちょっと使おうものなら、

「使うな!これ、俺のんやぞ!」

と言って真剣に怒っている。

どこにでも転がっている石。ゴムの切れ端。大人にとってはゴミのようなものでも、子供にとっては宝物。私はそういう気持ちが大切だと思う。

毎日の生活の中で、大人になると気付かない色んな”宝物”って、あちこちに落ちていたり、散らばっていたりしてると思う。でも大人は、「毎日がつまらない」とか、「毎日が単調だ。」とか、「毎日同じことの繰り返し」と思っている。

本当はそうじゃないと思う。自分が気付かなくなってしまっているだけだと思う。もっと自分の感性を磨けば、もしくは子供の時の心を取り戻すように純粋な気持ちになれば、毎日ってもっと輝いていると思う。

何でもない石ころがダイヤのように輝いて見えて、大切に思える心。そんな心って素敵だと思う。私はいつまでもそういう気持ちで毎日を過ごせる人でありたいと思う。
3



2011/4/27  23:14

投稿者:老板娘

妙子さま
子供は本当に純粋です。まっすぐです。
もちろん色んな悪い事も覚えてくるんですけど、知恵もついてきますけど、
基本的にやっぱりまっすぐで真っ白な感じがします。

お孫さん、もう2歳になられたのですね。早いですね。
お歌を歌うのですね。かわいい♪

仕事も忙しいのですが、子供の色んな行事があって、学校や保育園、地域の行事などにも、今は必死で参加している(必死で時間調整をしている)状態です。でも、子供がいるからこそ、そういった行事にも参加できるので、しかも、子供が小さい時にしか、子供と一緒に楽しめないので、できるだけそういった行事を楽しみたいと思っています。

本当に、その時、その時の子育ての瞬間を、しっかり楽しみたいと思いますね。

2011/4/27  7:44

投稿者:妙子

子供たちにはいろんなこと教わりますよね。
心から大切にしてるもの、それを愛おしんでる姿に打たれます。
理由なんて分からないけど、自分がキラメキを感じて手放せないものがあるんですよね。
それは、人が人を好きになることにも通じることではないでしょうか。

2歳をすぎたばかりのウチの孫娘は、こないだ私に象さんの歌をうたってくれました。
最近こればっかりうたってますと、ママが教えてくれました。
♪じょう〜しゃん、じょう〜しゃん♪と、はっきり発音は仕切れてないのに、一番と2番をちゃんと間違えずにうたってましたよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ