2011/4/21

地域の子供を守る気持ち  独り言

放射能汚染問題、文部科学省が福島の子供たちの放射能受容基準を20ミリシーベルト/年にすることを発表した。大人でも本来1ミリシーベルト/年だったのに、その20倍だ。

市民と文部科学省との対談では話にならない。何も答えられない担当者を出席させ、責任者は雲隠れ。国は国民の命をどう考えているのだろう。国民があっての国なのに、国の立場を守ることばかりにやっきになっている。報道機関もスポンサーの関係で、事実をちゃんと伝えていない。

別の話。

今朝、交差点に立っていた時、犬の散歩をさせている年配の男性が、交差点に車が来たので子供たちを私が停めた時、

「車が停まってくれるから渡りなさい。」

と言って子供を渡らせた。まだ車は停まっていないどころか、あと2方向からも車がやってきた。その男性は横断歩道の真ん中に立ったまま、車に停車合図も何もなく、子供に向かって手を振り、子供たちを横断するよう促した。

私は思いあまり、

「車が停まってくれるとは限りません。子供は大人のような判断ができません。
 ここは危ないところです。ほら、まだ2方向から車が来たじゃないですか。」

と言ったが、その男性は子供たちを渡らせた。もちろん3台の車は仕方なく停まってくれたが、運転者たちも「何、この人?」という感じ(車が来ているのに、平然として横断歩道の真ん中に突っ立っている)。そして、子供たちが横断歩道を渡り終わった後も、3方向から向かい合った車も、どの車がどう先に動けばよいか、おろおろしている状態。車も危ない。

その人に聞きたい。自分の子供がまだ小学生の時に、我が子に向かって

「車が来ても、車が停まってくれるから、道を渡ってもいいよ。」

と指導、教育してきたのだろうか。本当に子供の安全、子供の安全意識を育ててあげよう、という思いはまったくないのではないだろうか。車は停まってくれるとは限らない。自分で自分を守らなければ!車が来たら停まる。飛び出さない。交通安全指導の基本ではないか。

「自分だったら」「これが我が子の身の上に起こった問題だったら」と考えられないなら、それは、人としての心を失ったも同じだ。
3



2011/4/24  19:58

投稿者:老板娘

卯月さま
署名協力の情報、ありがとうございます。
私も昨日ある方から同じ情報を頂き、署名致しました。
家族、友人たちには連絡し、協力依頼をしました。

この件に関しては、本当に色んな思いが出て、書ききれません。

2011/4/24  15:22

投稿者:卯月

文科省の今回の決定について
緊急署名の協力依頼をしているそうです。

「年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し労働認定を受けている線量に匹敵する。また、ドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する。さらにこの基準は、大人よりはるかに高い子どもの感受性を考慮にいれておらず、また、内部被曝を考慮していない。」

おそらく補償のこと等考慮しているのでしょうが、まずは子供の未来を考えて欲しい! 福島だけの問題ではないと思います。
ご賛同いただける方は↓ よりオンライン署名できます。
よろしくお願いします。
http://e-shift.org/?p=166

2011/4/24  14:23

投稿者:老板娘

妙子さま
ありがとうございます。
先ほどの私のコメントは、不適切な表現がありましたので、削除させて頂きました。よろしくお願い致します。
いつもありがとうございます。

2011/4/23  9:12

投稿者:妙子

そのおじさんは、ちょっと無分別で危険な人ですね。
幼い子供たちの前ですることではないですものね。

わたしの知人に、交通ルールを無視して走りぬける男性がいます。
いつでも、どこでもそうなんです。
走ってくる車をみながら、ためらうことなくそうしてます。
人には強要しないけれど、みんなハラハラします。
でも、うまくすり抜けていきます。きっと車を運転してる人には迷惑なことでしょう。
彼は社会の大きな力に抗いたい人なんです。
郵便番号もゼッタイに書かない。いつか人にも番号がついて、管理されるといってました。

毎年ハーリー(豊漁まつり)の頃に夫婦で沖縄へ行って、彼は地域の人と見まがうぐらいにせっせと準備してます。
私なんかは本土からきたお客さん扱いですが、寡黙でよく働く彼はまさにシマンチューです。
どこでもいつでも裏方が自分の居場所と心得て、決して目立とうとしません。ときどき下手なジョークで、人を笑わせますが。
そして食事は夫婦二人で食べることに決めてるので、いつの間にか姿が消えてるのです。

大阪の図書館が彼の仕事場ですが、彼には独特の静けさがあり、結して揺るがない信念があるように見受けてます。
いつだったか私の夫が亡くなったことが耳に入ったらしく、しみじみとした優しさに満ちた手紙をもらったことがあります。
きちんと書かれた文字にも、彼の人柄が滲み出ていました。
久々に彼のことを思い出しましたよ。


2011/4/22  19:14

投稿者:老板娘

ケンちゃんさま
まずは、ご出産おめでとうございます!
かわいらしい男の子!帰宅されて、一緒に生活を始められるのが楽しみですね。

このおじさん、本当に子供を守ろう、という気持ちは無いですね。
自分の都合のいいようにその場をとりつくろっただけ。
子供の命を何だと思っているんでしょうね。冗談にもなりません。

2011/4/22  19:12

投稿者:老板娘

kenwさま
国は、どうして多くの国民の生死に関わる問題を、こんな扱い方するのでしょう。まるで、国民が放射能汚染によって苦しんでも”仕方がない”といった対処の仕方です。

これがどこまで広がっていくのかさえまったく分かりません。

通常、色んな諸問題が起きた時、報道陣はまず、その社長の自宅まで押しかけ、自宅前に大勢で待ち構え、インタビューをしつこくし、追いかけると思うのですが、今回に限っては、報道規制が入っているのがありありと分かります。どの報道機関も、東電の社長や副社長を追いかけることはしていません。

本当に人の心を失った国、官僚、政治家たちに私には見えます。

2011/4/22  12:31

投稿者:ケンちゃん

このオッサン、何を考えているんでしょうね???

それから・・・
昨日、元気な男の子が生まれました!


http://ken-an-china.jugem.jp/

2011/4/22  1:10

投稿者:kenw

今晩は、交差点は危ないですね。国、東電はホントのことを隠していると思います。もう原発周辺は危なくこれから何十年と人が住めない地域になることを分かっているんだと思います。その地域が徐々に広がり1年後には、首都近辺、南東北地方に広がるのではと考えたくないけど・・・。自分の身は自分で守るしかないと思います。これからは、線量計も必要になって来ますね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ