2010/12/18

忘れられないカローラ  子育て

昨年11月に車を買い換えた。もう1年が過ぎた。

二人の息子たち(7歳と3歳)はまだ以前の車、カローラのことが忘れられない。すごいなぁ、と思う。長男は1ヶ月に1,2回、次男は1週間に1回はカローラの話をする。

今の車を買ったディーラー店が、今年の夏移転になり、もともとあったお店が解体され、そこは平地にされてしまった。次男はそこを通る度、

「カローラもうつぶされてしまったでぇ〜
 トラックがきて、つぶしてしまってーん。」

と言う。長男も時々、

「カローラと写真撮っといて良かったなー。
 ビデオも撮っといたから大丈夫やでー。」

などと言う。長男はいつも、

「カローラの方が良かった・・・」

と今でも言う。そんな二人の言葉を聞きながら、いつも少しせつなくなる私・・・。
3



2010/12/19  17:29

投稿者:老板娘

妙子さま
子供がそこまで思い入れるというのは、どういう事なのかなぁ、と思います。
特に長男は、服でもそうですね。破れた靴下でも、捨てようとすると
「捨てないで!」と言って、捨てるのを嫌がりますね。性格かもしれません。

記録というのは時に大切ですよね。記憶というのは、時がたつにつれ曖昧に
なっていくことが多いですね。だから私も、あの本を書きました。
中国で自分が経験した事、せっかくの体験を自分自身が忘れていってしまうのではないか、と。
あの本は自分の為に残したようなものですね。

2010/12/19  17:25

投稿者:老板娘

yipuさま
気が合いますね〜 yipuさまのお子さんも、きっとカローラに特別な
思い入れがあったのでしょうね。

うちの子供は今の車が何故かあまり好きではないようで、いつも
「カローラの方が良かった」などと言い、「今度はいつ買い換えるの?」
などと聴いてくるんですよ。

2010/12/19  8:28

投稿者:妙子

子供って新しいことに慣れると前のことは忘れるって言いますが、そうではありませんね。
とってもスゴイことだったのでしょう。そうして、いつまでも心に残ってるのですから。
写真とビデオに残ってて良かったですね。

「記録なければ全てなし・・」といって、ドキュメントを撮ってこられた(故)土本典昭監督のことを思い出しました。
記憶は、いつか曖昧になりますからね。

2010/12/18  22:59

投稿者:yipu

うちの子もカローラの話をよくしますね…。
今日も話してました。

たぶん車に興味が出てきたんだけど、
今の車と、前乗ってたカローラしか名前をよく知らないからだと思ってます(笑)

嫁さんの実家の車を貰ってしばらく乗ってたんですが、
中国に単身赴任してる時や下の子供が生まれた時に
上の子は嫁さんの実家に住んでいて、
その時からカローラに思い入れがあるんだと思ってます。

http://3da.blog13.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ