2010/11/30

長男のマラソン大会  子育て

クリックすると元のサイズで表示します今日は長男のマラソン大会。小学校に入って初めてのマラソン大会。

驚いたのは・・・っていうか、自分もそうなんだけれど、見学に来ている父兄(ママさんたち)の多いこと!・・・っていうか 他のママさんたちが見に来ていて、自分のママが見に来ていないって、やっぱり子供がかわいそうと思い、それで私も見に行くのだけれど。

昔、私も小学校、中学校、高校、毎年マラソン大会はあった。でも、マラソン大会という行事は親が見に来る行事ではなかった。でも今は授業参観並で、見に来る際の注意事項などのプリントが2,3回に渡って渡されているし。

長男の保育園と同じコースを走ったが、保育園では走れるだけ走る、というスタンスだったが、小学校はたったの1周・・・。昨年保育園児の時でも長男は8周外周を走ったというのに・・・(一番走れた子は11周だったけど)。

とにかく親が熱い

はしれー!
ぬかせー!


一番にならなければダメ、といった声援をしているママさんもいた。すごいなぁ・・・


1



2010/12/2  14:00

投稿者:老板娘

さんたさま
そうですか・・・。「父兄」って確かにおかしいですよね。どうして
「父」と「兄」なのか・・・。中国語では「家長」と言いますね。

こだわり、ではなく、私の両親が教師だったので、うちの家では昔から「父兄が、父兄が・・・」と親が話しをしていたので、私も自然とその癖がついているのでしょうね。

勉強になりました。確かに、「保護者」と言う言い方の方が適切ですよね。

2010/12/2  11:34

投稿者:さんた

お母さんたちの熱の入れようはすごいですね。
それと関係ないことなのですが、今は子どもの親は性別に関係ない「保護者」というのがフツウになっていると思うのですが(子どもの親は父や兄という男系統だけではないですよね?シングルマザーもいらっしゃいますし)「父兄」という言葉になにかこだわりがあるのでしょうか?あるいは中国語のニュアンスからきているのでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ