2010/9/30

日本人の宗教観  中国

日本人の宗教観は、他の国とは少し違うと思う。一人の同一人物が、いくつもの信仰の対象と関わりを持っているからだ。日本人は、”時と場合(TPO?)”によってその対象を使い分けている。

お寺:お葬式、お墓、お百度参り
教会:結婚式、礼拝、クリスマスのミサなど
神社:初詣、七五三、結婚式、初節句など

クリスマスを祝ったかと思うと、その一週間後には初詣に行く。合格祈願にお寺に行ったり、神社に行ったり・・・。仏様、神様、お釈迦様、イエス様・・・と祈る対象が複数ある。なぜ・・・?

現代の日本人にとって、宗教の教義の内容はそれほど重要ではなくなっているのかもしれない。とにかく、祈願、お願い、助けて・・・と手を合わせられる対象であれば、何でもいいのかもしれない。

ある中国人は、それを、「日本が平和である事の象徴よ。」と言う。私は「近所、友人、家族の間での助け合いの精神が失われつつある日本人が、人ではなく、偶像に対して助けを求めている現象」なんだと思う。

日本人は、人に頼ることを恥とし、例え家族であっても人に頼らず、自立して生きることを美徳とする。でも、実際、人は誰にも頼らず生きていくことなどできはしない。それを、「人に頼るな」と教えられる、または「頼らないで」という社会風土の中で、精神的に追い詰められていく。そうした人々が、宗教に寄りどころを求めていくのではないのだろうか?

もっと気楽に、中国人のようにお互いが助け合える温かい社会風土が日本には必要なのではないだろうか?
2



2010/10/4  8:39

投稿者:老板娘

哥梅拉さま
お返事が遅くなりました。そうですか、昔はお寺と神社が一つだったのですね。でも、それもおもしろいです。仏と神様が一つに祭られていた・・・ということになりますからね。なるほど、昔から神仏混合・・・それが日本、ということなのですね。でも、外国人には理解不能だと思います。(絶対別物だと思います)

ガラカメ45、ええ!読みました!
かなり読み応えがありましたね。どうやって紅天女の役をつかんでいこうとするか・・・というところは、元祖ガラカメの原点に戻ってくれたような感じで良かったです。それと、後半の亜弓親子の熾烈な特訓。ヘレン・ケラーの時を思い出しました。彼女はすごいですね。失明しても失いたくないものがあるなんて・・・。

もうすぐ46も出るようなので、これまた楽しみです!

2010/10/1  16:39

投稿者:哥梅拉

訂正

「キリスト教が加わったけ?」
_ロ(‥ ) ケシケシ

「キリスト教が加わっただけ?」
に訂正

2010/10/1  16:34

投稿者:哥梅拉

(*^0^*)/こんにちは

井沢元彦氏・呉善花氏の著書を読んだときに、
「神仏混淆」(しんぶつこんこう) という言葉が出てきました。

日本は、明治政府が、神仏分離令を出すまで、
お寺と神社は一緒だったんです。

その例えとして、有名なのが、豊川稲荷だそうです。
あのイチローが、初詣に行く神社です。

私も一度行ったことがあります。
そのとき、境内に入ると、ものすごい違和感を感じました。
稲荷神社の参道のすぐ横に、大きなお寺の山門があるんです。
だけど、本当は、豊川稲荷は、そのお寺が祭っている神社なんです。
豊川稲荷は、神社ではなくお寺なのです。

日本人の宗教観は、むかしまま というか、
それが、日本人にとって、自然なことなんでしょう。

まぁ! 今は、神仏に、キリスト教が加わったけ?

(=^・ェ・^=)/バイバイニャァ---ン

ガラスの仮面45巻買って、読みましたよ。(V)o¥o(V)
















コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ