2010/9/26

唐三彩  中国

クリックすると元のサイズで表示しますなんと、今回蘇州博物館で見れたのが、唐三彩!教科書やテレビでは何度も見たことがあったが、本物を見たのは初めて!しかも、その点数が半端じゃない。恐らく100点近くはあったのではないだろうか・・・というくらいの量。大きいものから小さなものまで。

こんなきれいな焼き物が、今から千年以上も前にあったというのがすごい!そして、これだけの点数の唐三彩を一気に見れたというのに感動!まさか蘇州に来て、これだけのものを見られるとは思ってもみなかった。この唐三彩を見に来るだけでも価値はあったと思った
クリックすると元のサイズで表示します

0



2010/9/28  21:59

投稿者:老板娘

妙子さま
本当に見事な焼き物なんですよ。唐の時代といえば、日本の遣唐使の時代、そんな時代のものが、こんなに完全な形でこんなに美しく残されている事にも驚きます。私の背の高さほどもある鬼の焼き物などもあり、本当に圧倒されました。

2010/9/28  7:36

投稿者:妙子

素敵な色合いと艶の焼き物ですよね。これが1000年以上も前のものだということに驚きますね。
こういうものがいろんなところから発掘されるのですから、当時の文化レベルや権勢がどれほどの威力を誇っていたかに思い至り、圧倒されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ