2010/9/14

甘いウーロン茶  

クリックすると元のサイズで表示します

サントリーのウーロン茶。これが中国に出回り始めたのが97、98年頃だっただろうか・・・。飲んで一瞬「ウッ!」と言ってしまった経験がある。

それまでペットボトルのお茶というのを中国で見たことがなかったが、お茶の国中国で爆発的に売れ始めたのがこの頃。それまで人々は、マイカップ(蓋付き瓶)を持ち歩くだけだった。

そう、中国のペットボトルのお茶は甘い!ジャスミンティーでも甘いのが主流。私も最近ではもう甘いジャスミンティー、甘いウーロン茶にも慣れたものだ。

皆さん、もし中国に行って、甘くない普通のお茶が飲みたい場合は「无糖」と書いているのを探して下さい。結構みつけるのは難しいです・・・(「低糖」と書いた結構甘いお茶が主流なので)。ちなみに、サントリーのウーロン茶は、青い字の方が「无糖」です
1



2010/9/15  20:57

投稿者:老板娘

yipuさま
本当にこれは偉業だと思います。
まだペットボトルでお茶を飲むという習慣が無かった中国に、
しかも、お茶の本場中国で、新規参入した上にこれだけのシェア!
今は、色んなメーカーに押され気味ですけど、やはり
ペットボトルの「ウーロン茶」といえば、サントリー!
これはすごいです!

私は甘い緑茶は勘弁してほしかったですね〜(あはは)
緑茶は紅茶にはなれませんでした〜

2010/9/15  0:22

投稿者:yipu

考えてみればサントリーって
お茶の本場でよくあれだけのシェアを取ってますね!

甘いウーロン茶、ダメでしたね。
甘い緑茶ならなんとかいけました。紅茶の感覚で…

http://3da.blog13.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ