2010/8/31

蘇州の高級家具  中国

クリックすると元のサイズで表示します
蘇州の庭園に行くと、必ず見られるのが、この蘇州を代表する高級工芸品ともいえる、紅木彫刻家具だ。私が蘇州滞在中は、紅木家具の専門店に行けば紅木家具を普通に購入できたが、今では紅木家具を扱うお店も少なくなってきた。また、高級品といえるものも非常に少なくなってきているようで、その上価格もかなり高い。

クリックすると元のサイズで表示します
私の教室にも高級紅木家具を入れているが、使って5年、多くの受講生の方に毎日座って頂いているので、かなり痛んだり変色したりしてきている。手入れもこまめにしているが、なかなか毎回汚れるのを落とすのに手入れが追いつかない状態だ。

クリックすると元のサイズで表示します
実際、こういう家具は、実用的なものではなく、一般家庭でも「装飾品」のように利用されている。それを、教室という多数の人が出入りする場所で実用的に使い始めたのがそもそも間違えていたのだろうか。

私も入会される受講生の方に、わざわざ家具の話まではしないし、私がどうしてこだわって、かなり苦労して輸入してまで教室に家具を入れたか、という話もしない。

入会された受講生の方が、この家具を見られた時、どう思われるのだろうか?素敵だな・・・とか、中国の雰囲気があるな・・・とか思って頂けているのならいいのだけれど。もともと受講生の皆さんの為に、と思って入れた紅木家具だけれど、家具でも事務机でも、授業さえ良ければいい、という考えの方の方が多いのではないだろうか。だって、”語学教室”なんだから。

教室には不向きな高級家具・・・最近、家具をどうしたものかと考えている私。
1



2010/9/2  0:00

投稿者:老板娘

妙子さま
確かに贅沢です。私は「蘇州の茶館」をどうしても再現したかったのです。蘇州庭園をイメージした空間をどうしても再現したくて、この家具を入れました。当初夫にはやはり猛反対されましたよ。「教室なのに、なぜこんな家具を入れるのだ!」とね。

高級家具は、使う側にも「使い方」の配慮が必要ですが、受講生の皆さんにそこまで要求はできません。単なる事務机、事務椅子のように扱われる方もいらっしゃいます。でも、それは仕方が無いと思います。

その分手入れが必要なのですが、手入れにも限界が有ります。事務の方にも手伝って頂くことはありますが、やはり日ごろの手入れは私一人で行っています。今日も1時間かけて、やっと半分の家具を磨けたくらいです。

また、ひび割れは仕方ありませんね。木は、原産地と気候が異なる環境の中ではひび割れしやすいものです。

もし、受講生の皆さんが、この家具を気に入って下さっているとか、綺麗だな、中国の雰囲気があるな・・・と思って下さっているなら、私の苦労も報われるのですが・・・。

2010/9/1  23:52

投稿者:老板娘

caiさま
初コメントありがとうございます!
ええ、もちろん分かりましたよ(^-^)

教室に来て下さる前に、「HPを見て温かさが伝わってきた」とおっしゃって下さり、本当にありがとうございます。そういうお声は私にとってはすごく肥やしになります(”肥やし”って古い言い方ですよね〜、すみません)。

ログの木の香り、毎朝教室に入る時は、やはりかなり香りがします。窓を開けたりしていると薄らぎますが、私もこの木の香りが好きです。だから、そんな風におっしゃって頂けるととても嬉しいです。

受講生の皆さんに、中国を感じながら、楽しくリラックスして中国語に触れる時間も持ってもらいたい、五官で中国を感じてもらいたい・・・という強い思いがありました。

caiさまのこのコメントを頂いて、私はまた、自分の原点に戻れたような気がします。本当にありがとうございます!

2010/9/1  9:23

投稿者:妙子

家具にも使い道がいろいろあるようですね。
その家具がそこにあるだけで、その場の雰囲気を醸しだすというような使い方は、非常に贅沢なことですよね。

家具や調度品は使い込んでこそ味わいが出てくるといいますが、それなりの手入れをして使うからこそ言えることなのでしょうね。
漆器などはそれが分かってるから、とても大切に扱いますものね。
その傷や痛みを直してくれる職人さんもいて、そのような知恵も受け継がれていますが、その費用がとても高いのです。
それで、惜しげもなく処分されてしまうことが多いようです。

蘇州館のテーブルとイス、並んでた中国茶を目にしただけで、ここは中国だという雰囲気が漂っていましたから、いい環境だなぁ〜と感じましたよ。何より落ち着きましたもの。
陰のご苦労があるとすれば、どうにかして軽減される方法はないのでしょうかしらね?

2010/9/1  3:31

投稿者:cai

初めてコメント致します。
老板娘さんなら、
この名前でお分かり頂けるかと思います。

実は私が最初に蘇州館のお話を聞きに行こうと決意したのは、
HPのお写真から伝わってきた温かさからでした。
(もちろん、家から通える距離というのは前提でしたが…)

実際にあの家具を目にしたとき、本当に雰囲気が出ていて
「あぁ、何か良いなぁ〜…」と思いましたよ〜!

授業の時は
自分の発音や文法が間違っていないかと
多少緊張してしまうので、
木の温もりと独特なあの教室の木の香りは
私にとって重要なリラックス要素な気がします〜。^^;笑


でもやはり、お手入れも大変なんですね。
いつもありがとうございますm(__*)m

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ