2010/5/19

先は長い  子育て

昨日のまた今日。連続だ。今日はまた別の長男のお友達の家に謝罪に行った。

男の子のお母さんなら、こんな経験はみんなしたことがあるだろう。今日は、長男にすごい雷を落としてやった。怒鳴り、叱り、叩いた。

相手の方は本当に素晴らしいお母さんで、謝罪に行ったら、また長男をやさしく諭してくれた。私が夜、教室に行っている間に、またわざわざうちまで来て下さり、「これからもどうぞ一緒に遊んでやって下さいね。」と子供さんと一緒に来てそうおっしゃって下さった。

こんなイヤな事があっても、相手の方がそんな風におっしゃって下さると、本当に涙が出る。素晴らしいお母さんだと思う。私も、あんなお母さんになりたい。

これからまだまだ先は長い。本当に子供って思い通りにはいかないし、言うこともきかない。どんなに躾けしているつもりでも、子供はその通りにはやってくれない。危ない事も悪い事もいっぱいする。これから先、覚悟しておかなければ・・・と思う。
1



2010/5/20  23:10

投稿者:老板娘

yipuさま
男の子は親が大変(^^; 確かに・・・。謝って済むような問題で終わってくれてたらいいんですけどね。いくらでも謝りに行く覚悟はあります。

確かに・・・。女の子の場合、親には見えない所で、子供同士の世界で色々ありそうですよね。それもやっかいですね〜

http://happy.ap.teacup.com/jitao0614/

2010/5/20  23:09

投稿者:老板娘

p−hyororoさま
長男はあの日、私の母に買ってもらったばかりの傘を、ボロボロのボキボキに全部折って、ムチャクチャにして帰ったのです。本人も雨に塗れてビショビショです。そして、二人の友人にも同じように傘を壊すようにリードしたのですよ。そして、その友達の髪の毛を引っ張るなどのいたずらもしたのです。その友達は何も悪くないのです。これには弁明の余地はありませんでした。

でも、おっしゃる通り、私も気をつけなければなりませんね。子供の言い分をしっかり聞いてあげるという事。忘れないようにしたいと思います!

http://happy.ap.teacup.com/jitao0614/

2010/5/20  20:23

投稿者:yipu

ボクも小さい頃、親によく謝りに行ってもらいました…。

なので一度は謝りにいくと思います。

ま、男の子はトラブルが喧嘩で解決して、
親が尻拭いすればいいのですが、
女の子はそうもいかなそうなのでもっと大変そうです…。

2010/5/20  14:46

投稿者:p−hyororo

しばらく 訪問出来ない間に、いろんな出来事が起きていますね。
子供さんに、雷、怒鳴り、叱り、叩く前に、子供自身の言い分を(言い訳ではなく、、) 聞いてあげましたか?
親には良くない出来事でも、子供にとってはモノの良し悪しの判断ができない事柄もたくさんあると思います。
まず、頭ごなしに叱る前に(ごめんなさい、;;聞いた後なら良いんですが、、) 本人の言い分は必ず聞いてあげましょう。
それから、怒るなり、説明をしてあげましょうね;;

2010/5/20  13:42

投稿者:老板娘

りんすーさん
同じように、子供の問題が起きた時でも、お母さんの素養が問われますね。
この日のお母さんは、本当に涙が出るくらい素敵なお母さんでした。

なるほど、保育園や幼稚園というのは、選んで来る所だから、親の価値観も似ているのですね。そういえばそうです。保育園のお母さんたちは、ほとんどが仕事のある人ですから、話も通じやすかったですね。小学校に入ると、本当に色んな人がいるもんですね〜。 

私も今回は、長男が「走って登校する」ことに対して、震える程憤慨して怒って来られた方には、理解できませんでした。他のお友達にぶつかったら危ないという事は分かりますし、それは子供にもちゃんと言っているんですけどね。まだ、そこのお子さんを怪我させた訳でもないのに、あそこまで発狂する程苦情を言われるのは・・・どう考えても???です〜

http://happy.ap.teacup.com/jitao0614/

2010/5/20  13:35

投稿者:老板娘

妙子さま
皆さん、子育てには色んな考え方、価値観がありますね。私などは、子供の世界は子供に任せておけばよい。ここぞという時を把握し、その時はすぐに駆けつけ対応する。危険なことはしないよう、日ごろから言っておく。子供同士のちょっとした喧嘩には、割って入る必要はない。大怪我になるような喧嘩であれば、それ相応の対応が必要と思っています。

あるお母さんは、子供の行き帰りの時間は通学路の途中まで送り迎えします。心配で心配でたまらないようです。子供が喧嘩をしていれば割って入ります。長靴で水溜りに入っていると大声で叱ります。長靴なんだから、水溜りくらいいいのになぁ、と私なら思ってしまいますが、絶対ダメです。私など、子供の頃は、長靴の中に水が溜まるくらい深い水溜りに入って遊んだりしましたけどね。

私は、子供をのびのび育てたい方です。でも、もちろん他人に迷惑を掛けてはいけない、他人を怪我させるような事はダメ、自分が危険になるようなこともダメ。ダメな事にだけ走らないよう、そこだけきっちり押さえていれば、後は自由にさせてあげたいんですけどね。

妙子さんのおっしゃるように、長男は学校に行くのが楽しくて楽しくて、たまらないんですよ。

http://happy.ap.teacup.com/jitao0614/

2010/5/20  9:28

投稿者:りんすー

うちも幼稚園の時に、平謝りに行った事がありました…。
そのときも相手のお母さんの対応が素晴らしく、こんな風になりたい…と思いました。

幼稚園は親が選ぶところなので、各家庭の生活や子供に関する考え方・価値観が似ているし、
保育園も仕事や生活パターンに共感できるなど、
それまでは親同士がある程度似たような考え方・感じ方・生活の仕方だったところにいたと思うんです。
それが、小学校はホントにいろんな人がいるというか、
ええっ?と思うようなことも多いんですけど、
お互い「小学生の親1年生」として、たくましくやって行きましょう(^^)。

2010/5/20  7:10

投稿者:妙子

小学校入学と共に、友達付き合いでいろいろと大変ですね。
最近はいろんな事件が起きるので親御さんのご心配も一入のことでしょうが、子どもの行動に目が行き届きすぎるのではないか?ということも感じます。
それ以上に、目に見えない部分への気配りが大切ではないかという気がします。

車の往来が激しいところでは走れませんが、その心配がない通学路だと元気な子は走ると思います。
それでお友達とぶつかったりしてケガをすることになったりするかもしれませんから、ときどきの注意でいいのではないでしょうか?
航ちゃんは今、学校へ行くのが嬉しくてたまらないのではないでしょうか?

あなたがおっっしゃてるツレションの弊害は、分かるような気がしていますよ。
人間は一人だといい人でも、群れをなすと流れに逆らえず、思いもかけないことをする傾向がありますからね。
あまり人に協調することばかり強いると、自分の考えで行動できない人間になるように思いますから、子どもさんの心のありように目を向けることが大事だと・・・、私は思ってるのですが。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ