2009/10/24

感動の結婚式  今日の出来事

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
今日は友人の結婚式。本当に素晴らしい結婚式だった。彼女とは18歳の時に出会い、それからずっと親友だ。27歳で東京に出て、今もずっと東京暮らしだ。結婚式の中で、色々ご主人と彼女の経歴を聞いたり、画像で見たりする中で、私たちの学生時代の写真もたくさん出てきた。見ているうちに、学生時代の事を色々思い出した。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
彼女は私たちの中で母親的存在の友人だった。例えば、私はいつもティッシュを持ち歩かない人だったのだが、いつもティッシュが必要だな・・・という時には、私が催促しなくても、スッとティッシュを差し出してくれる。ボタンが取れたと思うと、サッと裁縫セットを取り出してくれる。ちょっと傷して血が出たら、すぐにバンソーコが彼女の持ち物の中から出てくる。・・・そんな彼女だった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ご主人はなんと、13歳も年上の方だった。実は私は彼女のご主人とは初対面。こんなに素敵な人だったとは!本当に驚いた。今まで写真(葉書などの)ではよく拝見していたが、実際のご本人は、こんなに上品でこんなに紳士的で、こんなに彼女を愛しみ、大切にしているやさしい人だったのか!・・・と。その人柄があふれ出ているような方だった。

ご主人は静岡県出身とのことで、ウェディングケーキは富士山を模ったもの。ブーケは白とピンクの二種類があり、どちらも彼女自身の手作り。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
とにかく今日は、感動感動 今日の感想を一言で言うなら・・・「私ももう一度日本式結婚式を挙げたい!」

私は中国では結婚式を挙げたが、日本では結婚式をしなかった。こんなに素敵な結婚式を作り上げた彼女自身とスタッフの方たち(ウェディングプランナーの方をはじめ)の努力の賜物だとは思うが・・・。彼女の心のこもった贈り物や進行内容に本当に感動した。もし可能なら、私もあんなに素敵なウェディングドレスを着て、感動的な結婚式を挙げてみたい・・・と友人を羨ましくも思った。
1



2009/10/25  14:43

投稿者:老板娘

妙子さま
お褒め下さり、ありがとうございます。でも、実は当日朝、少し寝坊をしてしまい、慌てていたので髪の毛のセットには15分しか時間が有りませんでした。朝は子供の朝食準備でバタバタするので・・・。でも、何とか形にはなって良かったと思います。

妙子さんの方はすごい収穫だったのですね。それだけの物を持って帰れば、さぞかし重かったことでしょう。秋は収穫できる物が多くて楽しいですね。伊藤さんの写真展があったのですか。アフガニスタンといえば、よく見る光景は不毛の荒野というような感じの所ばかりですが、色んな作物が取れるのですね。

土地を生かすのも人間、殺すのも人間。土地をダメにしてしまう事、破壊する事は簡単、一瞬ですが、それを生き返らせるには、長い年月と人々の苦労と努力が必要ですね。中国も今、砂漠化が深刻です。私が気に入って使っている山田養蜂場は、会社として、毎年砂漠化地域で何万本もの植林活動を行っているようです。

2009/10/25  14:34

投稿者:老板娘

akimorukさま
ありがとうございます。そんな風におっしゃって頂いて、嬉しいです(*^-^*)
確かに私は完璧を求めるタイプかもしれません。昨日も、朝お化粧をする時に、マスカラをするつもりで(普段はしない)、確かずっと前に使ったことのあるマスカラがあるはず・・・と思っていたら、無かったんです。途中、駅で下りた時、駅のドラッグストアでマスカラを購入しました。お化粧も普段と同じではいけない・・・と思ったものですから。(でも、大して変わりはありませんでしたが・・・)

中国では「赤」はお祝いの色なんです。祝福の気持ちを込めて、赤いチャイナドレスにしました。昨日の結婚式は、本当に嬉しかったです。また、学生時代の事や、自分の結婚の時の反省など色々思い出す事もあり、色々考えさせられ、良かったと思いました。

2009/10/25  7:08

投稿者:妙子

結婚式の雰囲気がそのまま伝わってきますね。富士山のケーキにアレ?と思いましたが、理由を知ってなるほど・・納得しました。
写真の選び方もコメントも、あなたがお友達のことを心から祝福されてる気持ちが溢れてますね。
そのようなお友達に囲まれて、新婚さんご夫婦もお幸せでしょう。

あなたのバックシャンの美しさにも、目を見張りましたよ。ご自分でここまでなさるとは、なかなかのセンスですし器用ですよ。感心しました。

私の方は、数珠玉はまだ青かったんで諦めましたが、畑で落花生を全部堀りあげて、サツマイモとその蔓を少々、間引き大根を少しと柿を持ち帰りました。芝栗は自生してたようなものなので、殆ど虫に喰われてました。
虫たちの餌のおこぼれを頂くわけですから、仕方がないんです。
それだけでも、帰りのリュックの重たかったこと!

前日、伊藤和也さんの写真展に行ってきましたが、アフガニスタンで収穫されてた稲、小麦、トウモロコシ、サツマイモ、ぶどうの実のなんと立派だったことか!
彼のとことん追及する姿勢によって出来上がった日本茶の味は、とても美味しかったようです。
「イトー、写真とって!」と言って、彼のまわりに集まってきてた子供たちの表情は、屈託がなくて可愛かった!
アフガニスタンという国の位置も、展示されてた地図でよく分かりました。
長い戦闘と旱魃で砂漠化してた大地が、24.3キロに亘って引かれた灌漑用水路によって緑あふれる農地になってた姿は、素晴らしい美しさでした。こんなことが人間には出来るんですよね。



2009/10/24  21:47

投稿者:akimoruk

老板娘さま
素敵!
綺麗に髪も結い上げられて!
赤色のチャイニーズドレスですか?
首の部分も キュッとした感じで上品でいいですね。

さて、他人に対する愛が迷惑になる世の中。。。。
確かにそうですね。
でも、愛を持って生きていきたいですね。

今日の日記の老板娘さまは まさしく愛のある方だと思いました。
お友達の為に 一生懸命におしゃれをして、しかも爪まで、美しくしようなんて!
本当に 愛があって、素敵です。
どんなことにも 手を絶対抜いたり 妥協しないんですね。
美香も 見習って頑張ります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ