2009/10/18

最近の私  独り言

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
昨日はすごい雨に驚いたが、今日は少し雲がありながらもピクニック日和 家族4人で公園に出かけた。相変わらず、夫の運転中に横で口出ししてしまった私は夫を怒らせてしまい、途中険悪な雰囲気になるも、素晴らしいお天気と自然に心も癒され、楽しい週末を送ることができた
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
最近私、「中年の仲間入りしたなぁ」と感じる 中年も悪くはないが、やはり若さにあこがれる 最近、昔のものに囲まれて過ごす時間が好きだ。昔聞いていた音楽、昔読んでいた本・・・ 
クリックすると元のサイズで表示します
昔自分があこがれていたものなどを思い出すと、何か自分本来の姿に戻ったような気持ちになる。「もともと私って、こういうのが好きだったんだな。」とか、忘れていた自分を取り戻したような・・・。

今日も、夫は午後から車の中で寝てしまい、私は息子たちと公園内で散歩 息子たちとデート気分 こういうの、どうなんだろ・・・。仕方ないよなぁ・・・
0



2009/10/19  16:47

投稿者:老板娘

妙子さま
昔は私も学校の道徳の時間か国語の時間に、水俣病について学びました。確か、社会の時間でも4つくらいの公害病について学んだ記憶があります。その中で「田中正造」という人物についても学んだ記憶があります。

今の学校で公害病について教えているのかどうかは知りません。

中国の公害病も公表はされていませんが、ひどいものだと聞きます。工場から垂れ流しの薬品、日本などから輸入されてくるリサイクル家電製品の分解時に落ちる錫など、そういった地域の住人たちの癌発生率が非常に高い事が報告されています。

つい最近日本でも、アスベストの問題が挙げられました。経済発展の裏にこのような犠牲があってはいけませんね。当事者にならなければその苦しみが分からないようでは、政府も企業も本当に・・・自分の家族がそうなったと考えて行動できる政府にはなれないものでしょうか。

2009/10/19  7:30

投稿者:妙子

すがすがしい公園の景色ですね。拝見する私の気持ちまで和んできます。
こういう空気の中にいると、それぞれが生きてることの幸せをしみじみ感じられるように思います。
昨日は本当にいいお天気でしたから、外にいるほうがいいなあと思いましたが、私は一年に1回の「水俣語り」の集いで屋内にいました。

日本の公害の原点といわれてる「水俣病」、国が公式に認めてから半世紀以上になりますが、今もなお患者さんの苦しみは続いています。
私が患者さんたちと出会ってから30年以上になります。
かつて顔が映るほどに美しかった水俣の海が、チッソという工場の毒水が垂れ流されたために、食物連鎖で多くの命が奪われました。
これは人類の大きな罪です。

アメリカのオバマ大統領がインドネシアに住んでた8歳の時に、日本の劇症の患者さんの写真をみて衝撃を受け、政治家になってから水銀規制の法律を制定したことが、自伝に書いてあるとの報告がありました。
こんなにも長く水俣病の悲劇が続いてることを思うと、彼の直感と行動力は正しかったと思います。
それに比して日本の企業、自治体、政府は、未だに実態調査もしていないので、きちんとした謝罪も賠償もないままです。ひどい話です。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ