2008/12/18

喧嘩はダメ  

「中国人と中国語で喧嘩ができるようになれば、中国語も大したものだ。まずは、喧嘩ができるレベルを目指し・・・。」と考える人が結構いるようだ。

確かに中国の街を歩いていると、喧嘩をしている中国人をよく見ることができる。でも、中国人と中国語で喧嘩をしている外国人を見たことがあるだろうか?

日本人は、会社の中でも普通に部下を呼びつけ、人前で部下を罵る。「○○くん、何やってんだよ!もっとしっかりしろよ!」といった感じで。これを中国で同じように中国人部下にやる日本人もいるかと思うが、これは絶対にいけない。中国人は面子が命、人前で叱られるというのは、恥ずかしいというものではない、次の日からはもうその会社ではやっていけなくなるのだ。この辺りの中国人の気持ちとか、それを見ている他の中国人がどう思い、叱られた中国人に対して、どのような態度に出るか、その結果叱られた中国人が社会的地位に近いもの、その会社でやっていく為の人間関係まで失ってしまうことなど、日本人は知りえないだろう。それが本人にとって、どれだけの苦しみとなるか。

そうでない場面であっても、中国へ行って中国人と喧嘩をしている外国人、これは非常に醜い姿だと私は思う。どんなに、その外国人の方が正しくても、中国人は中国人を応援するだろう(一般的に)。会社の中では、日本人が実権を握っている為、中国人は従うしかないのだが、もし一般の中国人社会の中で同じように中国人の非を責めて喧嘩をしたとすれば、後から苦い思いをするのは自分だと思う。

「喧嘩ができるくらい中国語が上手くなりたい」という考え方は、私は間違えていると思う。どんなに上手な中国語でも、それを”中国人との喧嘩”に使ってしまったら、それは、「ニーハオ」しかできない人よりも、中国人から嫌われると思う。
0



2008/12/21  21:28

投稿者:老板娘

哥梅拉さん
こんばんは。そうですね(^-^)
私は、上海で働いていた時、上海人たちがわざと私の前で上海語で商談をするのです。でも、私はその前に蘇州で3年の滞在暦がありましたから、蘇州語とよく似ている上海語での商談は、内容が聞き取れたのです。私は普通にその商談の中に入って喋ったのですが(私はもちろん普通話)、彼らは実は、私には口出ししてもらいたくなかったようですね。彼らがこそこそ喋っていたり、わざと方言で話しているのを、聞き取れても、知らないふりをしてあげられるのが、もっとエキスパートなんだと私は思いました(*^-^*)

2008/12/21  13:47

投稿者:哥梅拉

(*^0^*)/こんにちは

中国人との商談中、相手の中国人同士が、
こちらにわからないように、早口の中国語で、こそこそとしゃべっているのを、
聞き取れたら一人前と言われたことがあります。

マタネッ(*^-゚)/~Bye♪

2008/12/19  22:35

投稿者:老板娘

jiaojiaoさん
確かに「比喩」かもしれませんが、そういう「比喩」自体、私は好きになれないんです。(jiaojiaoさんのおっしゃる通り、中国だけの話ではないかもしれませんが)中国や中国人のことをよく分かっていない人が、そういう「比喩」をするのではないかと思ってしまいます。

また、私は本を書きましたが、あの本は、中国語学習者がそういう考えを持っていかないでほしい、という願いをこめて書いた本なのです。そういう私が、実際喧嘩をして、後から本当に辛い体験をしましたので。

中国語がペラペラな人でも、そういう勘違いをしている人がたまにいます。そこまで中国語ができるのなら、もっと中国を理解してもいいはず・・・と、私は悲しくなるのです。

2008/12/19  9:00

投稿者:jiaojiao

こたんさん、その通りです。
要するに「郷にいれば郷に従え」だと思います。
確かに中国に限らず外国に住むと私の場合他人に対する接し方が日本人と全く違って腹立つ事ばかりでした。
お恥ずかしいですが、最初のうちは怒ってばかり、喧嘩まではいかないけれど文句ばかり言ってました。
でも主人に怒られたんですよ。
外国に住まわせてもらっているんだよ、我々は。文句言うなら日本に帰れ、と言うことだよっと。
それ以来外国に住むと言うことを考えましたよ。
よくその国の言葉で喧嘩できるようになったらたいした物だ、と言うけれどそれは一種の比喩で本当に喧嘩したらやっぱり駄目ですね。


http://jiaojiao.exblog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ