2007/7/11

六甲山 2週目 その2  トレイル


高座の谷を詰めて行くと、どうも見慣れない砂防堰堤がやたらとあるような気がするなあ。震災のせいでだと思うが、荒地山から岩が落ちてきている。

クリックすると元のサイズで表示します

ハイカーの為の矢印。それとも課題の案内か。大きすぎです。

やたらと小道が交差するので面倒なので、適当に谷を歩いていると、堰堤を巻く時にヤバイ崖をへつる羽目になる。

「おちんなや」

朝一番から相棒を危険な目に遇わせてしまった。

途中でキャッスルウォールが出てきた。懐かしいな〜。

高校生の頃は、新田次郎の「孤高の人」を読んで、六甲山を歩きまくったもんだった。学校が終わるとそのまま自転車か電車で山に入ってた。
意味も無く、地獄谷の懸崖あたりの岩の上で仲間とビバークごっこをして遊んだもんだった。有り余る時間とエネルギーのやり場に困っていた。

俺も仲間も岩登りがしたくてたまらなかったが、「フリークライミング」をする人には、高校を卒業するまで出会えなかった。そんな訳でとりあえず、藤木九蔵と加藤文太郎の後を追って、悶々とロックガーデンによく来ていたのだ。しかし高校生ながら、こんなぼろぼろの岩では、命が何ぼあっても足らんと思ったものだった。よく岩の上から、テレビ大程の岩を崩落させて遊んでいた。(下に人は居なかったと信ずる、、)

そんなこんなでキャッスルウォールは当時の俺には打って付けの岩だったのだ。どた靴履いて、一人で来て登ったりしたが、壁の中で1時間以上動けずに固まっていたことがある。それも二度同じ事をした。同じ箇所で再び同じピンチに陥っている自分が滑稽だった。

クリックすると元のサイズで表示します

15年以上もたって嫁とここを歩くとはね。その頃と今の自分が繋がっているのが驚きだ。

荒地山を過ぎ、今度こそ東お多福山をあがる。
むせ返る暑さの上に、大分下から知らんオジサンと張り合い競争になってしまったので、結構疲れた。

クリックすると元のサイズで表示します

休憩無しで蛇谷北山まで登る。

クリックすると元のサイズで表示します

その後は六甲山ホテルまで神戸チーズを買いに行く予定だったが、荒地山で時間を取りすぎたので、極楽茶屋から、紅葉谷を通って有馬に下山した。

当然有馬温泉で汗を流して無事帰宅です。

そうそう、今回も薮からさんへお土産です。

クリックすると元のサイズで表示します







2007/7/12  11:52

投稿者:薮から男

へへへっ
昨夜もトリビヤ〜ン出前しながら登ってました
また行きましょう!

2007/7/11  11:06

投稿者:ぷ〜まん

藪からさんのルートは僕らも考えてまして近々行かせてもらいます。
紅葉谷いいですよねえ。

そうですか。虎バース完成しましたか!さすがです。わしも復帰したらやらねば。その前にまた鳥食べに行きますが。

2007/7/11  8:12

投稿者:薮から男

わざわざきのこ狩りありがとうございます!(笑)

15年以上もたって嫁とここを歩くとはね→こんなものなのでよね人生って(笑)

そうそうこの前作ってもらったマーシーロング課題・・やっとできました(うれし〜)
またお願いしま〜す

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ