2007/6/13

甲子園  日々

先日、甥っ子を一人連れて、今年初めての甲子園に行ってきた。

阪神対オリックスの交流戦である。
天気予報は宵の内に激しく雨が降ると言っている。俺は、自分にとってもだが、どうか子供のために天気がもつことを祈っていた。
というのも、甥っ子は過去に一度親子で行った初めての甲子園で、
折角の思い出の日に、10対1でぼろ負けの上に7回を待たずに雨でコールドゲームとなり、意気も消沈、濡れねずみになって、帰ってきた経験があるのだ。

出発が遅かったので、甲子園の横に自転車を置いた頃には、試合はとうに始まっていた。大きな歓声は、球場に近づけばさらに大きくなり、腹の底に響くようになると、将に、血がたぎるのを感じるようになる。この小さな体にも今それが興っているのかと考えながら、二人で足早に門をくぐった。

指定席はレフトスタンドの一番端っこ、アルプスの隣だ。すぐ横にフェンスがある為、見えにくいので、来る様子のない空いた席に移動した。いつもなら即ビールで乾杯なのだが、今日はお茶だけ。途中で買った晩御飯を、小さな座席でもぞもぞしながら、二人で食べた。六甲の方には大きな雷雲が顔を出してきたようだ。ピカピカと気になる。甥っ子は、「カミナリあっちいけー」とカナキリ声をあげた。


試合はオリックスの投手の内容がいいのか、阪神打線は全くのおしめりだ。毎回の怒涛の応援と球場中の溜め息が続く。めげたりしない甥っ子は見よう見まねでメガホンを叩いて懸命に応援している。

クリックすると元のサイズで表示します

阪神のレフトは勿論金本だ。すぐ近くにいる鍛え上げられた大きな身体に向かって、俺が叫ぶと、甥っ子も「カネモトー!」と何度も叫んだ。すごい高い声だ。あれは絶対に金本にも聞こえていたと思う。でも試合中なので、振り向いたりしない。

今回の俺の目的は、まず、7回のジェット風船を膨らます事。それから、試合終了の万歳をして六甲颪を歌う事だ。そのどちらも子供にさせてあげたかった。
何故なら、試合は雨で中止の日もあれば、負けてしょんぼり帰ることもあるが、やっぱり、試合に勝って晴ればれ夜空を見上げたいものだ。それを体験させてあっげたかったのだ。


予報どおり雨は降り始めたものの、甥っ子のカナキリ声のおかげで積乱雲は上空を避けてくれている様だ。
7回表、阪神の久保田がいい仕事をしたので、あっという間にツーアウト。えらいこっちゃと、急いでジェット風船を用意する。甥っ子の肺活量では膨らます事ができず、俺が代わりにやるのだが、BGMも流れ始める中、何とか間に合い、くらくらしながら、風船を飛ばしたのだった。

クリックすると元のサイズで表示します

大人が見ても感動的なこの瞬間、どんな風に見えているのだろうか。


試合は、8回裏に岡田監督初めての退場劇の後、9回裏につなぎの攻めで一死満塁でフォァボールの押し出しと、鳥谷のサヨナラデッドボールで勝利を勝ち取った。最後はやっぱり、サヨナラタイムリーで決めて欲しかったが、おきまりの六甲颪と万歳三唱でゲームは終わった。
甥っ子と何度も何度もメガホンでハイタッチ。前後左右の他のお客さんともハイタッチ。皆でお祭り騒ぎ。良かった良かった。

雨も止み、自転車をこぐ帰り道。
興奮ぎみに試合のことを語る甥っ子。
じきむせ返る梅雨が来る。大きな空の入れ替わりのそんなある宵を、
この子も大きくなって思い出す日が来るんだろうな。

子供の為と言いながら、俺の方こそいい思い出だったのかも知れない。




2007/6/15  22:11

投稿者:おきよ

三豆ちゃんの言うとおりですよ!
愛きょうのある、あの優しそうなマユ毛にだまされちゃあダメダメ!!

2007/6/15  12:28

投稿者:薮から男

屁〜男は人の良さそうな顔をしてるだけだという三豆説もありますが(笑)

2007/6/14  19:25

投稿者:ぷ〜まん

いや〜、まいりましたな。横で嫁が文句言うてまんなあ。
騙されとると。

まぁ、わしは屁〜男ということで、、、。

2007/6/14  9:06

投稿者:薮から男

オイラも20年以上も前に何度かジャイアンツ戦を見に行ったことがあります
今でもその時の証明に照らされた芝生と真っ白な打球と球場全体を揺るがす大歓声は記憶に残ってるくらいですから甥っ子はきっと一生の思い出になることでしょうね・・・
ぷーまんも甥っ子と遊んだりするのですね・・・
えらいっ!(笑)
昨日も福井君とぷーまんの話してたところでした!
(え〜男やと・・・)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ