2008/12/15

黒潮ツアー 1日目  四国



今回もツアーガイドをしてくれるのもちろんこの方。

クリックすると元のサイズで表示します

土佐の男、永0さん。
「紹介したい良いラインを見つけておきましたから・・・ほっほっほ・・。」

黒潮一家を訪ねて押し寄せたのは、ジョニさん一家、しゃちょさん、クラックスの期待の新人エグチ君とノリちゃんと我々ぷっ一家。

まず初めに、朝ごはんを食べに行こうということで、喫茶店でモーニングをとることにしました。
これが、たまげたぜよ!

クリックすると元のサイズで表示します

朝の一番からこんなド迫力な眺望でモーニングセットをいただけるとはっ。

黒潮カフェ
クリックすると元のサイズで表示します


食後はいよいよ、
永0さんが精力的に開拓されている、土佐の黒潮ボルダリングをまた紹介してもらいます。
高知に来ると永0さん家のおちびちゃん二人は我々の子供になるので、我がスズキ ミニエースに乗ってもらって、わいわいがやがや、出発進行!

青い大きな空の下、
海岸線に沿う一本道を車を走らせエリアへと向かいますと、出てきましたよ。
凄いエリアが!

土佐の荒海に揉まれたでかい岩たち。
永0さんの想いの詰った課題の数々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


最後は疲労困憊で戦線離脱。
子供達 ゆうちゃん、よっしー、めいちゃん3人とおきよとで、楽しみにしていた流木拾いの旅にでました。いいのが一杯拾えました。これを活かしてどんなものが出来るでしょうか。生まれてくる子の為に何か作りたいな〜。

(二日目の流木拾いでは、おじさんが置いていた木を持って帰ろうとしてしまって注意を受けました。ごめんなさい、、。後でそこのおばさんに聞きますと、一杯ある木でも堤防に置いてる物と海岸に何となくかためて置いてあるのと、石を上に置いてあるのは、それとなしに占有者がいるとのことで、それ以外はなんぼでも持って帰りとのことでした。以後気をつけることにします。)

この日は、平吉さん一家にも初めて会うことができましたし、以前九州でお会いして一緒に登ったことのある山本さんとも再会し、嬉しい一日となりました。

夕方、日帰りのしゃちょさんを空港まで見送りに行き、皆で黒潮温泉に浸かった後は、
永0さん宅でミカリンのおいしい手料理(仙台の牛タン メチャ美味)をいただき、積もり積もった話で大いに盛り上がって、夜も更けていったのでした。

(二日目に続く)






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ