2007/9/26

旅の木 2  屋久島


2007.9/18

昨日の夕方から降り始めた雨は、ただのスコールかと思いきや、夜半より鍋をひっくり返した様な雨になり、小屋を発つ今も猶、しとしとと降り続いている。

クリックすると元のサイズで表示します

辻峠までの30分の道のりを倍の時間をかけて散策した。

クリックすると元のサイズで表示します

宮崎 駿の世界はここからヒントを得て作られたということだが、成る程という気がする。

クリックすると元のサイズで表示します

屋久島には通常我々がよく見かけるのとは比べ物にならない程の大きさの樹木が数多く存在する。なかでも樹齢1000年を越える杉の樹が、森の守護神の様に生きている。いわゆる屋久杉と呼ばれるものは樹齢1000年以上のものだけで、それ以下のものは小杉と呼ばれているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します



峠を越えて小杉谷に下りると、トロッコ軌道のあるハイキング道にでる。すでにここまでで相当に山深いのだが、かつてはこの道を伐採した屋久杉を運ぶトロッコが頻繁に行き来したのだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

長いトロッコ道を歩いていくと、縄文杉がある大株歩道がでてくる。この辺りから、ガイド付きの日帰りハイカーが多くなり、登山道につけられた木道を、譲って譲られてのこんにちはの大合唱で、多少疲れる。ウイルソン株(切り倒されていなければ屋久島最大の杉の樹であったと云われている。幹回り約14m)や縄文杉が出てくる頃が丁度この日の雨のピークだったと思う。

縄文杉
クリックすると元のサイズで表示します

生きている根っこを守る為に木道が設置されていて、近づいて触ることはできない。私達は心で挨拶した後、その先を急いだ。そこから先は、日帰りの人は居ない領域なので、また屋久杉と自分達だけの世界となった。触れたい木には、好きなだけ触れていていいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

宮之浦岳に続く稜線にでたので、大きな風のうねり叫ぶ声が腹の底に響く。
新高塚小屋に昼の1時に到着する。
装備の殆どが濡れてしまっているので、テントを持ち歩いているのだが、今日も小屋泊まりとする。何もすることが無いので、寝袋に入って寝て過ごす。明日、天気がどうなるのかそれが気がかりだ。場合によっては、計画変更で下山しなければならぬ。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ