❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
井上さん、コメントありがとうございます。キュクラデス文明というのを初めて知りました。ある意味、当然のことかも知れませんね。また歴史を勉強したくなりました。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:井上登
スピンアウト、なるほど小生も何度か仕掛けられギリギリで救われました。ところでご指摘ありがとうございます。エーゲ海文明が最初で、時系列でキュクラデス文明があります。東京国立博物館の古代ギリシャ展のパンフレットではスタートはBC7000年とあり、そうなんだと思いました。よく分かりません。
投稿者:なりひら
井上登さん
 コメントありがとうございます。私も東レの推薦理由として、技術開発力に加えて、人事システムのことが書かれていたので、まっとうな会社なんだと思いました。人事抗争のあおりを受けて優秀者がスピンアウトする例は、私の出身企業を含めて、枚挙にいとまがありませんから。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:井上登
「出世すべき人が出世していて、人事システムもきちんと機能しているため、中長期的な安定感もある」との記載は素晴らしいですね。ラベンダー畑の朝焼けは神々しいの一言です。高名な国際政治学者が頂点に立ち堕ちるとは人間の本質かもしれません。
投稿者:なりひら
magamikさん
 コメントありがとうございます。東レですか?それは素晴らしい会社におられた(おられる)んですね。人工知能(AI)の進化で、人間が受け持っていた単純反復労働がロボットに置き換わると言われています。が、本当に、人間のようなきめ細かい対応が出来るのか、少し疑問ですが。事態の推移を注視したいという

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:なりひら
のらオヤジさん
 コメントありがとうございます。ダーウィンの言葉;確かに当を得ていますね。企業の生き残り競争にそのまま当てはまります。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:magamik
こんばんわ〜
東レが1位とは凄く嬉しくなりました。
我が家は東レなんですよ。
今も長男のお嫁さんが本社の財務に勤務してます。
炭素繊維も今では凄い需要ですがここまで来るのにずいぶん時間がかかったと聞いております。
人工頭脳がどんどん進歩し、たいていのことはロボットがこなしてしまうんでしょうか。
10年後は私など想像もつかない社会になっているような気がします。
投稿者:のらオヤジ
「強い者、賢い者が生き残るのではない。環境の変化に対応できるものが生き残るのだ。」
ダーウィンの名言ですが、これは、ほんとうだと思います。


http://norahakase.blog.shinobi.jp/
投稿者:なりひら
ぴあのさん
 コメントありがとうございます。貴女のような考えはまっとうだと思いますよ。効率と利便性一点張りの世のなかは面白くありませんから。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:ぴあの
人間の幸せって何なんでしょう。
便利で望み通りの物がゲット出来て効率よく生きていける。
時代に逆行してるかもしれないけど、私は未だに取り寄せてもらって二層式洗濯機をわざわざ買っています。こんな人間がたまにいるのも又いいんじゃないかと一人思っています。
非効率もいいものだと。
テーマがずれてごめんなさい。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ