❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
ぴあのさん
 コメントありがとうございます。「一国平和主義」でずっと行けるなら、自国民にとっては、これほど楽なことはないのかも知れません。でも、現実の地球上は・・。真剣に議論を尽くしても、結論は出ないでしょうから、あとは、過半数の賛同を得た、その時の為政者に委ねるしかありません。その時は迫っています。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:ぴあの
むつかしい問題ですね。何もしないですべての国が平和で過ごせたらこんな議論は出て来ないでしょうに。コメントの中でも意見は様々。
例えば台風が来るかもしれない。逸れてくれたら良いのに・・・と思って何もしないよりたとえ結果は逸れたとしても、備えるに越したことはありません。
世界情勢は以前にもまして変化しています。グローバルな世界に置いてわが国だけ一国平和主義を唱えることは、もう通用しない世の中になってきています。
私達国民が真剣に考えなくてはならない時期に今直面しているのでしょう。
投稿者:なりひら
きよしさん
 コメントありがとうございます。貴兄の立場からは、こういう論旨にならざるを得ないのかも知れませんね。「日本の安全保障が脅かされないように対応すべき」というところまでは、恐らく同じなんでしょうが、そこから先の方法論に思想的隔たりがあるのでしょう。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
とんすけさん
 コメントありがとうございます。改憲すると戦争になる・・いつも左翼系野党の常套の切り口です。想像力の鈍い方々ですね。これをドグマティズムというのでしょうか。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:きよし
安倍さんは先の大戦は侵略戦争と思っていない。石油を確保することが出来ずに追い詰められた自衛の戦いと思っている。だから石油を確保する中東での海上輸送回路の確保に必死。そんなことに奔走するより自然エナルギーを利用する道を探ったほうがよほど世界に貢献できる。安倍さんの論理には全く反対です。
投稿者:とんすけ
平安時代、国は軍隊を持たなかった。代わりに「言霊」信仰にすがった。「言霊」とは口に出すとそれが現実になる。社民・共産・民主党は「平和、平和」と唱えていれば平和が保たれる、と盲信している節がある。中国・朝鮮合同軍が日本を侵略した時、武士が命をかけて上陸を阻止した。偶然に台風が来て船に押し戻された中・朝軍は壊滅したのに、朝廷と坊主は祈りが通じ神風が吹いたお陰と強弁した。「憲法9条があるから今まで平和だった。」(改憲すると戦争になる)平和は米国の軍事力のお陰だ。国防の努力を言霊のお陰とうそぶく。何時になったら目覚めるのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/tonnsuke5713
投稿者:なりひら
湘南の暇人さん
 コメントありがとうございます。貴兄がおっしゃる「憲法があって国があるのでなく、国があってこその憲法である。」ということかと思います。ゆえに時代に応じて、国民の賛同が得られるなら、「憲法改正に臆病であってはならない」ということに尽きますが、集団的自衛権発動の問題は、そこまでやらなくても、現行法理論の枠内で実行可能だと考えています。日本の政治家は、世界情勢が大きく変化していることを認識しないと、取り返しのつかない事態を招きかねないと思うのです。取り越し苦労でしょうか。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:湘南の暇人
さすがに化学会社に勤務されるなりひらさん。
理想論よりは現実論なのは真っ当だと思います。
理想論、手続き論に終始すれば、自衛隊そのものが憲法9条に違反すると思います。前文にある「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」は、与野党ともに知っていると思いますが、どうなんでしょう。
小生は憲法があって国があるのでなく、国があってこその憲法だと思います。学者は世界の現実を無視だと思います。
重い課題に挑戦されてこれは支持します。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/
投稿者:なりひら
のらオヤジさん
 安倍政権が、集団的自衛権問題について、憲法改正論議を避けて、法解釈で突破しようとしたところから、国民の意識とのずれが生じています。せめて、国会論議の中で、リスクはあるが国の安全保障に、集団的自衛権を行使することが不可欠と、腹を割って国民に語りかけるべきです。なぜ憲法改正に一歩踏み込んでダメなんでしょうか。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
井上さん
 コメントありがとうございます。この問題(安全保障)は、国家の根幹をなすものであり、小手先ではなく、腹を据えて国民に語りかけるべきです。今のような消化不良で、先に進むのは問題が多いと思います。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ