❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
ひろさん
 ご訪問、コメントありがとうございます。私は、「橘花抄」が葉室ワールドとの出会いです。それから面白くなって、文庫本を読破していきました。藤沢周平さんが好きだったの、彼が亡くなって喪失感がありましたが、葉室麟さんとの出会いで、また楽しみが出てきました。漢文の造詣が深いのもいいいですね。


http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:ひろ
初めて書き込みさせていただきます。
7年前、「銀漢の賦」を読んでから葉室ワールドにはまり全作品を読了していますが私の中の双璧は「蜩ノ記」と「銀漢の賦」です。
他には「川あかり」「蛍草」「橘花抄」も良かったです。
ちなみにハムリン先生の一番好きな作品は「銀漢の賦」だそうです。
投稿者:なりひら
湘南の暇人さん 
 コメントありがとうございます。貴兄が言われる通り、ポスト藤沢周平の歴史小説家として、群を抜いています。これで、私も暫く楽しみが続きます。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:湘南の暇人
おはようございます。
定年後、昭和史にのめりこんで以来、藤沢周平は残り4冊で中断。葉室麟は以前から注目していました。漢詩など深く細部に教養ある作家としてネットで知っていました。「蜩ノ記」は映画を観ました。
昨日、7冊の文庫本を購入、「銀漢の賦」ざっくり読了、品のある上質の文章、藤沢周平亡きあとはこの作家ですね。小倉出身の松本清張もしっかり読み込んでいるのではないですか。わが読書人生にも楽しみが増えました。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/
投稿者:なりひら
ねぎぼうずさん
 お元気ですか。コメントありがとうございます。大阪のおばちゃんは基本的に正義の見方で、世の中を明るくしますよ(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:なりひら
ぴあのさん
 コメントありがとうございます。書評に「あの時桜の下で出会った少年は一体誰だったのか―鍋島と龍造寺の因縁がひと組の夫婦を数奇な運命へと導く。“天地に仕える”と次期藩主に衒いもなく言う好漢・雨宮蔵人と咲弥は、一つの和歌をめぐり、命をかけて再会を期すのだが、幕府・朝廷が絡んだ大きな渦に巻き込まれていってしまう。その結末は…。」とありました。まだ読んでいませんので読みたいと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:ねぎぼうず
お疲れ様です
私もどちらかというと一人の作家にのめりこみます^^
大阪のおばちゃんの基本パターン受けました!
投稿者:ぴあの
私も葉室麟の小説 好きです。
「いのちなりけり」は読まれてませんか?
以前ブログにアップしました。よろしければ見てください。
時代小説は好きですので、それを読んでお寺巡りもすることがあります。




http://watashinouta.at.webry.info/200809/article_23.html
投稿者:なりひら
magamikさん
 コメントありがとうございます。木曜日のNHK時代劇はよく出来ているので、ご覧になることをお勧めします。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:magamik
こんにちわ〜
時代物、今人気があるようですね。
本屋さんにもたくさん並んでいます。
藤沢周平の作品はある程度読みましたし、映画も見ましたが他はあまり読んでないですね〜。
木曜日のテレビ、見てみます。
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ