❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
yukariさん
 コメントありがとうございます。これからの季節のニャン達は、寝姿で我々を癒してくれますね。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
みけにゃんママさん
 コメントありがとうございます。みけにゃんの寝姿、よく存じています。わがニャン達は、みけにゃんには、まだまだ及びません。
PPMの曲にはまっています。ハーモニーがめちゃ素晴らしいです。もちろん曲もいい。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:yukari
猫団子やクルンの季節がやってきましたね!
寒いのはすごく苦手ですがこの団子に参加したいです@

http://cat.ap.teacup.com/kokinji1019/
投稿者:みけにゃんママ
こんにちは♪
アンモニャイトの季節ですにゃん(*^v^*)
みけにゃんは、1匹で、アンモニャイトお昼寝している時もありますが、たいていは仰向けのびっと昼寝か、うつ伏せ腕に顔乗せ昼寝ですにゃん♫

PPM、懐かしいですね〜! 静かで優しいメロディと歌詞の中に、平和への思いが伝わってきます。

先日でかけた、『やなせたかしの世界展』〜とても素晴らしかったです。
アンパンマンの作者の、やなせたかしさんは、1941年(昭和16年)に徴兵されて、野戦重砲兵として日中戦争に出征し、、主に暗号の解読に携わったそうです。弟さんは、 京都帝国大学法科生から海軍予備学生を経て、海軍予備少尉。特攻兵器回天の特別攻撃隊要員となったが、1945年(昭和20年)台湾とフィリピンの間のバシー海峡にて乗っていた輸送船が撃沈され、戦死。死後中尉に特進。(ウィキペディアより)との事です。

作品の底流に、やはり平和への思いが込められていますね!

http://ameblo.jp/decomike/entry-11446656104.html#cbox
投稿者:なりひら
笑子さん
 うちのニャンずは、夏の間は個人主義者ですが、冬になると協調性が芽生え、アンモニャィトと化します。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
よしえさん
 若者にとって、歌が団結の象徴であった時代だったように思います。ともかく、みんなで行動したかったのです。その求心力となるのがフォークソングで、今、ふり返っても、いい歌が多かったように思います。その後の日本では、個人主義化が行き着くところまで進んで、その揺り戻しが始まっているように感じています。
  

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
福にゃんママさん
 あの頃の学生生活を経験した人間としては、よく分からないというのが本音です。安保反対も実際は、本気で反対していた訳ではないし、まして日本に社会主義革命が起きると本気で考えていた訳でもない。ただ、このままでは日本はダメになるという漠然たる危機感があったように思います。その危機感はあり意味で当たりだったのですが・・。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:笑子
こんにちは

初アンンモナイト見れて嬉しい(#^.^#)
こちらまで ほっこりします

明日は立冬。。いよいよ冷え込んできますね

http://syouko.3rin.net/
投稿者:よしえ
あまり良く知らない歌もありますが、
懐かしい歌もあります。
あの頃は、歌が社会に与える影響が大きかったですね。
歌が多くの人の心を一つにしましたね。
でも、今はそんな歌があまりないし、
若者が熱くなることがなくなってしまったように思います。

http://happy.ap.teacup.com/123789/2127.html
投稿者:福にゃんママ
ながら族で聞いてた音楽は青春の音楽ですわ。学生運動に出遅れた年代としてなんだか申し訳なさを持ってたような気がします。
しかし、最近の学生は何があっても、怒りのぱわーにつながらないのか?変に大人で悟りきっているのか?
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ