❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
よしえさん
 拝金主義は貧困の裏返しなんですね。でも、中国にも、そうした風潮に疑問を感じる人々が増えている・・そうした人々が更に増えてくれば、一党独裁の矛盾を突き動かすかも知れませんね。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:よしえ
フランスでは、中国人はお金のために何でもする。というイメージが強くて嫌われています。
でも、中国人の友達は
「中国人はあまりに貧しくて本当に苦労したから、仕方ないのよ」って言っていました。
これからは心の豊かさを求めていく時代になってゆくのだと期待します。
日本も人ごとではないですね。

フランス人が皆立派というわけではありませんが、
フランスでは若い人でも、自分のためだけじゃなくて、社会のために何かしなければならない! という意識が強い人が多いのは素晴らしいと思います。

http://happy.ap.teacup.com/123789/2127.html
投稿者:なりひら
II.sanさま
 「世界に通用する倫理観」・・まさにこれですよね。遅まきながら中国の人達も気が付いてきたのだと思います。政府が国民に他国のネガティブ情報を流して洗脳する・・恐いことだと思います。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:II.san
 同感です、的確ですね。改革開放政策後の一
部の人達でしょうが、心の乱れに他国のことな
がら、世界に通用する倫理観をと思います。







http://blog.goo.ne.jp/premio514
投稿者:なりひら
tonsukeさん
 中国共産党の支配・独裁が続くかぎり、国は本当の意味で良くならないでしょうね。ただ人民も無条件で支持しているのではないことを、NHKの番組を通じて知り得たような気がしています。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:tonsuke
儒教は、徳のある為政者に従え、と教えています。今の中国共産党に徳が有りますか?始皇帝の焚書坑儒が再来するだけです。
投稿者:なりひら
のらオヤジさん
 私は、どうも中国の人達を誤解していたのではないかと思っています。個人対個人では対話が成り立つのに、なぜ国家対国家だと、あんなに頑なになるのでしょうか。面子と面子のバトルからは何者も生まれないように感じています。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:なりひら
オビワンシルクさん
 この夏に「永遠のゼロ」を読み、国家の罪を痛切に感じました。生きるということについて、今一度、よくよく考えたい気持ちです。中国でも、生きる意味をと自問し、悩み苦しんでいる人々が増えているのは全うなことです。日本人も過去に大きな過ちを犯してきたゆえ、とても偉そうなことは言えませんが、今の中国と中国人のために祈りたい気持ちになってきました。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:なりひら
月のひかりさんの信仰心からすれば、この記事に出てくる人達の行為は、まさにサタンのなせる業ですよね。「人は何のために生まれて、何のために来ているのか?」・・中国人の間でも、現状に絶望し、神にすがる思いが芽生えているのは、至極当然のことです。彼らのために祈りましょう。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
投稿者:なりひら
こゆきさん
 前半だけだと中国人は極悪非道なイメージですが、後半の部分で書きたかったのは、彼らにも「今のままでいいのだろうか?」と疑問が芽生え、宗教に拠り所を求める姿です。これから、彼らがどういう過程を辿るのか注目しています。それと、言われるように、日本でも、かつては考えられなかった犯罪が増えています。決して中国だけの問題ではありません。

http://blogs.yahoo.co.jp/dreamnozawak
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ