❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
magamikさん
 6年半前に脳出血の大病を患い、右半身麻痺になってから、日野原さんの言葉に出会いました。いちいちうなずくばかりです。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
オビワンシルクさん
 私は6年半前に脳出血を患い、以降、右半身麻痺を抱えながら会社勤めをしております。だから、日野原重明さんの言葉は、砂地に水がしみ込むように理解出来ます。これからも半身麻痺と共存して生きていくつもりです。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:magamik
こんばんわ〜
日野原重明先生は以前からとても尊敬しており、本も数冊読ませていただきました。
朝日新聞の方も読んでいますよ。
どれも珠玉の言葉ばかりです!。

人生の終盤を向かえ、「人生の最後は人様の喜ぶことをさせてもらってから、あちらに行きたい」と思ってきましたので、ささやかながらコツコツと実行中です。
Fもこのごろはよく感じます。
良い記事を載せてくださいました。
心してこれからも生きていきたいと思いました。
投稿者:オビワンシルク
こんばんわ。
私も、日野原重明先生、大好きです。
大きな病気をして、、、それ以来、ますます好きになりました。前を向いていたられる気持ちに拍車がかかるといか。。。勇気や元気をもらえて。。
今日の言葉も、、、どれも素敵ですね。
次回もとても楽しみです。。。
いつもありがとうございます。

http://ovyoneangecafe.blog99.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ