❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:日本を護る会
第80回定例会の案内


1 講師 : 山下英次 大阪市立大学名誉教授・経済学博士 、国際歴史論戦研究所(iRICH)所長

2 演題 : 「第2次大戦とはどのような戦争であったのか」−日本は何故大東亜戦争を戦う事になったのか

3 講師略歴 : 1947年東京生まれ、1970年慶應義塾大学経済学部卒業。旧東京銀行に入行し調査部、 国際投資部、海外部などに勤務後、1988年大阪市立大学に移籍。同大学大学院経済学研究科教授を経て、現在、国際通貨研究所(IIMA)客員研究員。アパ日本再興財団の懸賞論文「真の近現代史観」で4回入賞(2014、2015、2016、2018年)。

4 著 書:『国際通貨システムの体制転換』(東洋経済新報社、2010年)、『ヨーロッパ通貨統合—その成り立ちとアジアへのレッスン』(勁草書房、2002年)など

5 日時 平成31年3月13日(水) 受付開始 午後6時00分〜 開 演 午後6時30分〜

6 場所 銀座 カフェ ジュリエ (Cafe Julliet)
東京都中央区銀座5-13-16東銀座三井ビル1F  03-3543-3151
東京メトロ 東銀座駅4番出口徒歩1分
(東銀座駅出口4番三原橋交差点から昭和通りを歌舞伎座とは反対方向へ54メートル)

7 参加費 2、500円 会員は2,000円(いずれも1,000円の寄付を戴ける場合)、学生は1,000円、高校生以下は無料
講演終了後(午後8時半頃)に軽い懇親会(1時間程度、会費2,000円)を講演会場で行います。お時間のある方は是非ご参加下さい。
講演会及び懇親会に御参加希望の方は、3月7日(木)までに原則としてメールにてお申し込みください。
*FAXにてお申し込みの場合はご記入後、本ページを切り取らずに送信して下さい。

2月7日(木)の定例会に参加します。 懇親会( 出席 、欠席 ) どちらかに○印
ご 氏 名
ご 住 所
電話 Fax:
E-mail
 ★★連絡先★★
NPO法人日本を護る会事務所
FAX:03-3985-1008
e-mail: awake-japan@googlegroups.com
HP: http://awake-japan.sakura.ne.jp/
投稿者:なりひら
花山空様
 懇切丁寧な記事を紹介下さり、ありがとうございます。正統史観ですか?こういう観点も大切だと思います。我々は、偏向したマスコミを通じてしか情報を与えられてませんから。目からうろこでした。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:花山空
下記の年表が理解しやすいと思います。
http://p.tl/C7U3
投稿者:なりひら
Mしゃんさん
 コメントありがとうございました。過去の戦争で日本が犯した過ちについては、客観的に評価し、皆さん方のような若い世代にきちんと伝えていく必要があります。
 そんな観点から、2009年、2010年と2年続けて、8月15日(敗戦記念日)の前に、シリーズ記事を書かせていただきました。そのような記事が少しでもお役に立てたのなら幸いに思います。
 

http://happy.ap.ueacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:Mしゃん
こんにちは!
私は、小学6年生です。
学校で広島に行くので広島の事を少しでも知りたいと思い調べていたら原子爆弾投下の事がのっていたのでその事について調べる事になりました。
まずは、なぜ戦争が起きたのか調べていたらここの
ブログを発見しました!
画像もあり、とても勉強になりました!!!
ありがとうございました!!!!!!
投稿者:なりひら
湘南の暇人さん
 12月8日の開戦をめぐって、裏でそういう動きがあったのですか。
 ドイツと日本は同盟国ですが、日本にそんな愚かな決断の遅れがあったとは・・情報の戦いでも既に負けていた訳ですね。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:湘南の暇人
「実はこの先制攻撃を米国は先刻承知であり、むしろ日本がそうせざるを得ないように、米国などアングロサクソン同盟が、石油の輸出禁止等で日本を追いこんで行ったことが実質的な原因である」

この説はある面で正しいです。しかし中国大陸との貿易で財を成したルーズベルトはあくまで貿易での公正を願っていたのも事実です。なぜなら母国のイギリスがドイツに責められても物資だけの援助でした。

このころの軍部・外務省の通信はすべてアメリカに傍受・解読されていました。しかし昭和15年秋から16年12月まで、政治家、外交官、軍人と日米開戦回避にあらゆる人物が動いています。最後の決断はルーズベルト大統領ですが、ウィンストン・チャーチルと蒋介石に猛烈に催促され、英米双方に食い込んでいたコミンテルンのスパイさえ暗躍して日米開戦になりました。ルーズベルトの側近には日本の嫌いな高官が多数いたのも事実です。この経緯は小生「無明庵・日米交渉」の部分で推敲を加え書き直しています。

如何に日本が愚かなのはシベリアの猛烈な寒波でナチスドイツが退却を余儀なくされた12月08日に「真珠湾」を攻撃したことです。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/
投稿者:なりひら
magamikさん
 早速のご訪問、ありがとうございます。この時期は、戦争を題材に投稿しており、にゃんこは登場機会がありません。それに少し夏バテ気味で不活性です。彼らは、ひたすら身を縮めて、秋の到来を待っています。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
みにゃんこさん
 今夜のNHKの戦争を取り上げた番組は強烈でした。若い人にも見せたい番組でした。次世代に伝えることの重要性を改めて痛感した次第です。
 この季節:にゃん達は暑いのに、毛皮を来て大変ですね。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:magamik
こんばんわ〜
今日は「ひまわりのひとり言2」にお越しいただき有難うございました。
可愛い猫ちゃんたちですね。
猫大好きなんですよ。
キジトラと20年一緒でした。
次は自分が咲きに逝ってしまったら、可愛そうですので飼わないことにしました。

戦争は悲惨です。
二度と繰り返さないためにも、事実を次世代に伝えていかないといけませんね。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ