❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:間違い
出撃を前に記念撮影
の写真は映画の物ですよね?
投稿者:なりひら
湘南の暇人さん
 5番目の写真、特攻の写真画像集に必ず出てくる有名な写真ですが、万世飛行場からの出撃で、全員が戦士したこと、仔犬を抱く少年が荒木幸雄陸軍伍長であることなど、秀出撃にまつわるエピソードが聞けました。ありがとうございました。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:湘南の暇人
このページの5番目の画像のことを御存知でしょうか。知覧とは違う万世(ばんせい)飛行場から飛び立って、沖縄で特攻で全員死にました。とくに真ん中で仔犬を抱く少年として有名なのは、1928年、昭和03年生まれ、当時17歳の群馬県出身、荒木幸雄陸軍伍長です。優秀な生徒で飛行機の操縦などすぐに覚えたそうです。それが徒になりました。今、生きていれば82歳、おそらくひとかどの人物として指導者となっていただろうと言われています。

こんな理不尽な「特攻作戦」はいろいろなエピソードがあらゆる昭和史の本に記されています。特攻兵士を手を振って見送る整備兵は少年兵が飛び立つとき、恐ろしさで失禁しているのを目撃しているようです。
戦前戦後を通して有名な製菓メーカーはヒロポンが混入されたチョコレートを生産、納めていたようです。菊の御紋章入りです。むろん恐怖心を闘争心に変えるためでしょう。

「特攻」を命令したのは大西瀧治郎陸軍中将ですが、この軍人は終戦の日、割腹自殺しています。ですがこの特攻兵器を考え出したのは山本五十六元帥の部下だった黒島亀人海軍少将です。山本五十六が生きていたら、こんな作戦は止めたでしょう。ただし暗殺は免れなかった筈です。もう一人の発案者は戦後、航空幕僚長にまでなり、参議院議員・源田實海軍大佐でした。こんな人物が平成元年まで生きていました。なぜメディアは追及しなかったのでしょうか。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/
投稿者:なりひら
こうちゃん
最近は我が家の猫も自然のままです。写真は3年前;まだ小さかった時のものです。服を着せるのは人間の側の都合ですよね・・。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:こうちゃん
 写真の猫を見て、かわいそうだ、と思いました。猫に、着物は必要ありません。むしろ、害です。猫が、暑い暑い、と言っています!
投稿者:なりひら
美幌音楽人様
これだからブログは面白いですね。二つの顔を持てるのですから。少しだけ音楽人さんの正体を垣間見ました。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:美幌音楽人
なりひらさん、ご存知かと思いました。
クッシーおじさん=美幌音楽人。
二木弦三サイトを訪問されたのですね。

http://masaokato.jp/bihoro/kussie
投稿者:なりひら
讃岐の麺王さん
 私は、知覧には二度足を運びました。都度、胸が苦しくなり、不戦の思いを強くした次第です。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
クッシーおじさん
 ご訪問ありがとうございます。早速、貴ブログを訪問させていただき、思うところを書かせていただきました。これからも宜しくお願いします。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:讃岐の麺王
特攻って残酷ですね。戦争自体が残酷だけど。知覧に行って見聞しなくては。南京大虐殺記念館も残忍だったけど、知覧は押し殺した心の叫びが聞こえそうです。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ