今月のテーマ 

2009/5/13

フラストレーション  ストレス

今日は「ストレス」と混同されがちな、「フラストレーション」について書いてみます。

私たち人間は、日常的に様々な欲求を満たすための行動を起こています。

しかし、なんらかの原因によって阻止されることでその欲求を満たすことができないと、不愉快な気分になったり、不安や緊張を感じてしまいます。

このような状態をフラストレーションの状態と言い、そういった状態におかれると、人間は心理的な緊張感が高まってきます。

また、一般に満たされなかった欲求が切実なものであるほど、フラストレーションの強さは高くなるとも言われています。

フラストレーションは、外的フラストレーションと内的フラストレーションに分類することが出来ます。

外的フラストレーションとは、物理的な障害物があったり、愛する人を失ったりなどのように、自分自身以外に欲求を満たすことが出来ない原因がある場合です。

内的フラストレーションとは、病気や目的に対しての能力不足のように、自分自身に欲求を満たすことが出来ない原因がある場合です。

このようなフラストレーションから生じる緊張状態を解消するために、人間は様々なフラストレーション反応を示します。

主なものは以下の通りです。


@攻撃的行動
他者に対して言葉や行動による攻撃をしかけたり、物を投げたり壊したりといった破壊的な衝動をとるようになる。

A退行的行動
いわゆる「赤ちゃんがえり」をし、駄々をこねたり、甘えたり、すねたりといった幼児的な行動をとるようになる。

B逃避行動
フラストレーションによる緊張状態から逃れるために、白昼夢や空想の世界に逃げ込み、現実逃避しようとする。

C迂回・代償行動
回り道をして達成しようとしたり、他のもので済まそうとしたりする。

D異常固定
欲求の対象に対して異常に固執しすぎる。

E抑圧反応
フラストレーションそのものを意識へ上らないように抑え込もうとする。

F固着反応
爪を噛んだり、貧乏揺すりをする、というような役に立たない行動を無意識に反復する。

一方で、フラストレーションを感じつつも、その状況に耐え、現実的な対処ができる人もいます。こういった能力をフラストレーション(欲求不満)耐性と言います。

この能力は生まれつき備わっているものではなく、幼児期からの生活の中で、周囲からの愛情などにより肯定的な自己イメージをもち、適度・適量な欲求の充足と忍耐を両方体験することにより備わってきます。

また、周囲にフラストレーション状況に対する適切なモデルがいることによっても形成されると言われています。


フラストレーション状態におかれた時、皆さんはどんな反応をしていますか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ