今月のテーマ 

2006/2/17

筋肉をモニターする!?  肩こりについて

はじめに肩こりを感じている筋肉を軽くつまんでみて、その時患者さんがどの様に感じるかを確認します。

肩の筋肉が正常な状態ならば、

「軽くつままれた」

とだけ感じるはずですが、それ以外の感覚、たとえば

「痛い・だるい・引きつれる・こっている・痛気持ちいい」

等と感じる場合は筋肉が異常な感覚を示している状態と言えます。


筋肉そのものが問題を起こしていないことはすでに調べていますので、他の部位からの神経反射により異常な感覚を示していると考えられます。

その原因となっている部位を見つけ出し、正常に機能するように持って行けば速やかに「肩の筋肉も正常化」するはずです。


内科的な問題(機能低下ではなく病的な状態)や、手術が必要な整形外科的な問題は、専門医での正しい治療により解決する必要があります。

もちろん、この様な問題が肩こりの原因であれば、治療がうまく進めば肩こりは消えていくはずです。


手技による施術をしている私たちは、これら以外の問題を扱うことになります。

その中でも、肩こりに影響が出やすいのが

「姿勢と歩行」

です。


多くの場合、いくつかの原因が重なって肩こりを示しているので、肩こりをモニターしながら、姿勢の崩れている部位を正常な方向に戻したり、動きや位置関係の悪い関節を正常な位置に持って行くと、その場で肩こりが軽減する部位がいくつも出てきます。

その肩こりが軽減する部位を、出来るだけたくさん見つけ、優先順位を決めてそれぞれの部位に適切な手技を施術します。

優先順位と手技の選択が正しければ、多くの場合全ての問題点を施術しなくても肩こりは解消していきます。

施術の対象となった部位が、どの様なメカニズムで問題を起こしてしまったのかを考察し、再発を予防します。


この様に、肩こりをその場だけ楽になるような対症療法でごまかさずに、モニターポイントとして利用することで、患者さんの抱えている様々な問題点とメカニズムを知ることが出来ます。


その問題点を一つ一つ確実に解決していくことで、患者さんの全体の状態も良くなり、結果として「肩がこらなくなる」のです。

治療家のみなさんは、肩こりをモニターポイントとして利用していますか?

身体が示してくれる貴重な情報をもみほぐして台無しにしていませんか?

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ