今月のテーマ 

2009/3/23

食事日記の活用  スポーツ・ダイエット

忙しさにかまけて、ブログを3連休してしまいました。
すいません。

今日は、

Q.食事日記を書いているのですが、使い方のポイントはどこですか?

に答えていきます。
食事日記のポイントは、

1.毎朝計った体重を前日と比較する
前の日よりも、体重が増えていても減っていても、その理由は必ず前の日の食事の中にあります。何日かのデータが集まれば、増えたときに必ず食べているものや食べ方(時間帯や量)のパターンがみえてきます。

ダイエットに取り組んでいる人なら、自分の示した良い見本である体重が減った日のパターンに毎日の食事を近づけていくようにすれば良いのです。

2.動物性タンパク質の合計を毎日出してみる
ダイエットに取り組んでいる人やスポーツをする人だけでなく、全ての人の体の様々な機能を維持するのには、細胞の定期的な交換が必須になります。そのためには材料としてのタンパク質の確保が重要です。材料が無いのに部品交換は起こりません。

ダイエットに取り組んでいる人は、必要最低限のタンパク量より不足しないように、スポーツをする人は体の強化に必要な、十分な量のタンパク質の確保が出来ているかチェックしましょう。

3.糖質(炭水化物)の種類、量、摂取時間帯などを管理する
脳が糖新生を起こさない為には、お米を1時間あたり約20グラム食べるのが良いとされています。激しい運動をする人は、活動のエネルギー源としてさらに多くの糖質が必要になります。


ダイエットに取り組んでいる人は、ある程度の食事制限が必要ですので、糖質の摂取は「こまめに少量ずつ」がポイントになります。また、サイズダウンする時に皮膚がたるんだりしわになったりしない様にするには、皮膚や筋肉のこまめな作り替えが必要になります。つまり、タンパク質はしっかりと確保しなければいけないのです。

ダイエットのポイントは、細胞代謝のためのタンパク質と20種類の栄養素をしっかりと確保しながら、余分な糖質をしっかりと制限すること、そして体脂肪をしっかり燃やすための筋肉量の増加と有酸素運動と言うことになります。

スポーツをする人の場合、お米をたくさん食べていれば激しい運動は出来るのですが、タンパク質が不足していたらいつまでたっても体は大きくならず、だだ疲れやすくなるだけです。

筋力や体力の強化をめざしてトレーニングしている人は、活動のためのエネルギー源である糖質ばかりに偏らず、強化に必要なタンパク質をどれだけ食事で確保できるかがポイントになります。もちろん20種の必須栄養素を忘れてはいけません。


このように、ダイエットに取り組んでいる人やスポーツをする人に共通するのは、タンパク質の確保糖質の摂取の管理、そして、全ての反応に必要な20種の必須ミネラル、ビタミンです。

これらを確実に行うためには記録をつけることが大切になるのです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ