今月のテーマ 

2014/3/22

坐骨神経痛と手術痕(帝王切開・虫垂炎・胆嚢摘出)  毎日の手技療法

坐骨神経痛・腰痛と手術痕(帝王切開・虫垂炎・胆嚢摘出)


60代女性   兵庫県尼崎市    来院患者様からのご紹介


[来院時の状態]

腰痛と右脚の痺れ(痛み)を主な症状として身体を起こして歩くことが困難な状態で来院されました。

整形外科でのレントゲン検査により骨の異常は診られず、坐骨神経痛と診断されております。治療は痛み止めの飲み薬と湿布が処方されておりましたが、症状は軽減せず、むしろ痺れは悪化してきたため当院にお越しになりました。


[検査・評価]

下肢症状の確認としてSLR(下肢の挙上検査)を行うと、右脚を30度挙上したあたりから太腿からふくらはぎの後ろの痺れ及び痛みが強くなります。

足の各部のアライメントや筋肉の捻れ、筋膜の緊張の状態を調べてみますと、若干のねじれや緊張は見られるが座骨神経痛の直接的な原因と考えられるような問題は見られませんでした。

そこで、見方をガラリと変えて過去の病歴でお聞きしていた手術の後の傷(瘢痕)を一つひとつ調べて行きます。

この患者さんは、子供の時の虫垂炎の手術痕、帝王切開の手術痕、胆嚢摘出の手術痕、と3ヶ所に手術痕があります。


[考察]

詳しい触診と検査により、色々なことが解ってきました。

胆嚢の手術痕が右脚の下肢症状(痛みと痺れ)に大きく関与しており、手術痕の付近の膜の緊張が緩む方向に圧を加えると下肢症状がかなり軽減します。可動域も増えました。

帝王切開の手術痕は前屈時の腰痛(仙骨付近の痛み)に大きく関与しておりました。
手術痕の付近をこの部位に対しては減圧(持ち上げるように引っ張る)と痛みを伴わずに前屈することが出来ます。



近年の欧米の臨床の現場では手術痕が運動機能に対して大きな影響を与えていることに注目して、様々な研究や技術が発表されております。

しかし現在の日本の臨床の現場ではほとんどこの事実が考慮されていないため、原因がわからないまま痛み止めなどの対症療法が行われています。

「手術痕へのリハビリテーション」プログラムを私たちが少しずつでも広めていければ多くの患者様の手助けになるかと思っております。



今回の患者さんは20年程前に私の師匠、故角野DCのところに通われていたそうです。

物凄いご縁を感じながらも、「手術痕へのリハビリテーション」をシッカリ行って問題点を解決していく所存です。


ご来院有難うございました。
0
タグ: 症状 カイロ 施術



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ