今月のテーマ 

2006/7/18

冷房病の予防A  夏の健康

今日は、冷房病になりかけた場合の対処法について話します。

1.食事食事などにより、身体の中から冷やしていることが多くなるため、食前と食後に出来るだけ温かい飲み物を飲む様に心がけます。
アルコールに関しても同様です。

2.お風呂手足の先が冷えを自覚している場合は、足湯が効果的になります。
この場合は、半身浴ではなく足湯がいいのです。
腰までお湯につけると、胴体の血液がすぐに温まりのぼせてしまいます。

足湯により第2の心臓と呼ばれているふくらはぎの筋肉を温めることがポイントなのです。比較的高めの温度でも大丈夫です。
温めながらふくらはぎの筋肉をゆっくりと伸ばしたり縮めたりするとより効果的です。

時間に余裕がある場合は、段階を踏んで足湯・腰湯(半身浴)・全身浴と末梢から順番に温めることで、血管をゆるめていくとさらに効果的です。

3.服装
外気温の5度以上の急激な変化には、人間の皮膚だけでは上手く適応できないのです。
冬でも、寒いところに出るときは上着を羽織り、暖かい部屋に入ると上着を脱ぐことで温度変化に対応しています。

外出時には、出来たら長袖の上着を持参し、冷房の部屋や電車などに入るときにはしっかりと着込み、出来るだけ皮膚を直接冷気にさらさないようにしましょう。

また、冷房をかけて寝ている人は、もちろん長袖長ズボンでシャツはズボンにしっかりと入れる様にしてください。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ