今月のテーマ 

2012/4/18

足の裏の痛み(足底筋膜炎)  毎日の手技療法

足の裏の痛み(足底筋膜炎)

10代男性  大阪府池田市

調子が悪くなると来院されるバスケットをやっている中学生の患者さんですが、最近になって朝起きてすぐに足の裏の痛みがあるとのことです。

何か変わったことはなかったかを質問してみますと、最近になって朝にランニングを始めたそうです。

脱いである靴をチラッと見てみると、種類はバスケットシューズ、靴ひもは縛られた状態で脱ぎ履きしているようです。これは影響がありそうです!


足を詳しく調べてみますと・・・

・痛みのある左足の足底の筋肉が右に比べてかなり緊張して堅くなっています。

・足底アーチは左の方が高く(足の甲が高い状態)、動きも固いようです。

・足底の筋肉と踵の骨を挟んで引き合っている関係の下腿(ふくらはぎ)の筋肉も、左の方が固くなっています。

・下腿の皮膚の皮下の筋肉に対しての滑らす動きをしてみますと、痛みと動きの制限がかなり強く出ています。

・痛みのない側の足は、下腿(ふくらはぎ)に捻れが有り、足首も内側を縮めるような位置で安定しているため、足底が地面に対して正しく接地できていないようです。

・歩いてもらうと、足先が内側に巻き込まれるようないわゆる「内股歩行」になっています。


先ほど気付いた靴の問題、この患者さんはランニング時や通学時、およびクラブ活動時と常にバスケットシューズを履き続けていることになるのですが、これが今回のポイントです!


バスケットシューズはウォーキングシューズやランニングシューズと違い、靴の裏が真っ平らになっています。これは、テニスシューズやデッキシューズにも言えることなのですが、前に進み続ける機能よりも、平らな靴底の面全体の摩擦抵抗でしっかり地面を捕まえて急制動や反転をしやすくすることを優先した構造になっているのです。

逆に、ランニングシューズやウォーキングシューズは足先や踵が少し上がった形をとることで地面との抵抗をできるだけ少なくして効率よく前に進める構造になっていますので、急制動や急な方向転換には向いていません。


このことをふまえてメカニズムを考察してみますと・・・

まず、何らかの原因(おそらくは自宅での生活習慣と内股歩行)で、右の足首周辺に捻れができています。

この捻れのために、上手く地面に対して接地できなくなっているため、代償作用で反対の左足に荷重する割合が増えてきます。

負荷が増えた状態で毎朝ランニング、履いている靴はバスケットシューズ、おまけに靴ひもは締めずにユルユルな状態です。

余分に荷重がかかった左足は、バスケットシューズの特性である止まるための機能のために靴の中でつま先が当たるまでどんどん前に寄っていきます。

前に押しつけられた状態で内股歩行、内股歩行は体重をかけるとアーチが持ち上がってしまう動きが出てしまいます。

この動きを、一日を通して何回も反復するために、荷重が余分にかかった左側の足の裏の筋肉はどんどん張ってきます。また、それに対応するふくらはぎの筋肉もどんどん緊張してきます。

足底やふくらはぎが張った状態のまま、ストレッチもせずに寝てしまうと朝には足の裏の筋肉はカチカチになり、ふくらはぎはパンパンに張った状態で上手く滑走できません。

そのような状態で、最初に体重をかけたときに負荷が足底の筋肉に集中してしまい痛みが出てしまうのです。

この状態を今後も継続していると、足の裏の筋肉が踵の骨に付着する部分に「引きはがす力」が加わり続けることになり、これが踵の「骨棘の形成」の原因になってくるのです。

今日は、各部位の捻れや不具合の修正を行った後に、目的に合わせた靴選びのお話と、正しい靴ひもの締め方、内股歩行の修正のためのエクササイズをきっちりと行いました。

今回のケースは、まだ骨棘形成までは進行していなかったのですが、今後の対応次第で良くも悪くもなることでしょう。

早めの来院、ありがとうございました。
0
タグ: 症状 カイロ 施術



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ